言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン お誕生日プレゼント&クリスマスプレゼント   

2008年 12月 23日

リュー!もんちゃんママさんから
   クリスマスプレゼントが届いたよ♪


a0045636_040587.jpg


でも、


  りゅう君 6才 おたん生日 おめでとう…


     って、かいてあるんだけど?



「いいの、いいの、ちょうど真ん中ぐらいの日に頂いたから、
クリスマスまでとっておいたの。
両方のプレゼントになって2倍うれしいでしょ。」

「なんだか、自分のクリスマスプレゼントを省略する口実にしていませんか?」

「バ、バレテル…。」


「まあ、そんなことだとは思っていましたけど、
ところで、これは食べられるんですか?」
a0045636_0402978.jpg


「もんちゃんのお写真です。食べられるのはこっちです。」

a0045636_0405991.jpg


「なんだか、大きすぎて食べられるものとは思えないんですけど…。」

「どうぞ。」

「やっぱり、大きいんですけど、これは何ですか?」
a0045636_0412235.jpg


「牛タンをそのまま横にスライスして、薄いジャーキーにしたものですよ。
このまま全部食べるのには大きすぎるから、ちぎってあげましょうね。」

リュー君、大きいままだと、食べにくそうだったので、ちぎってやると、
ぱりぱりとおいしそうに食べていました。
まったく、人使いの荒い犬です。

もんちゃんママさん、ありがとうございました。
[PR]

by pareana-club | 2008-12-23 01:07 | リュー

言葉変換『もんじろう』用アイコン 歯磨き、がんばろう!気合だけか?   

2008年 12月 17日

せっかく歯石取りをしたんだから、これからは歯石がつかないようにがんばらなくちゃね。

タオルで食後に拭くだけでは、今までとあまり変わらないですから、もっといい方法は?っと。

歯ブラシで磨ければいいのでしょうけど、完全にかじるおもちゃと化してしまっているので、バリバリと砕かれそうで、歯ブラシとしての役にはたちそうもありません。

ちゃんと磨けるようにトレーニングできていればよかったのですが、歯磨きではなくバトルになってしまいます。

そこで、これはと聞きつけたのが、100円均一で売っている人間用のタバコのヤニとり。

a0045636_0405673.jpg


水で湿らせて、指にはめて歯をコシコシします。

a0045636_0412181.jpg


写真を撮るために左手の人差し指にはめて磨いてみたら、タオルより細かいところに届く感じです。
ちょっとこすっただけで、汚れが。
ご飯を食べたばかりでもないのに結構よごれているんだ。

親指にもはめて、二本の指で挟んでこすったらもっと綺麗になるかも。


ここでkameさんから、耳寄り情報。

洗剤いらずというアクリル毛糸で編んだたわし
このアクリルたわしを応用して、ヤニ取りと同じようなものを自分で編んで
「犬用歯磨きアクリルたわし」を作る。

これがなかなか歯磨きに効果的なんだそうです。

残り毛糸の中途半端な毛糸だまが、捨てきれずに沢山たまっているので利用できそう。
[PR]

by pareana-club | 2008-12-17 01:44 | 健康

言葉変換『もんじろう』用アイコン ボランティア基金返還等請求事件 裁判傍聴   

2008年 12月 12日

最近、全く触れていませんでしたが、相変わらず見守りだけは続けています。

AAに対する民事裁判の傍聴に行ってきました。

去年から今年に入って仕事が忙しかったので、なかなか行けないでいたのですが、何回か前の裁判の傍聴には行きました。
しかし、その時、裁判の場外で大人げないとても不愉快な場面に遭遇してしまったことや、その裁判を傍聴していたことだけで、とやかくほのめかされたりすることがあったりと、傍聴したとの報告すらする気が失せていました。

今回は第13回目の口頭弁論でした。

裁判のやり方を全く知らないのですが、民事裁判は原告側が訴えたいこと、裁判所を通して調べたいこと等を書類で準備して前もって提出し、それに基づいて裁判所がそれを採用したり、しなかったり。
採用されれば、それに対する答えを被告側が準備するといった段取りで進んで行くようです。
裁判では、常にその書類が優先であり、不規則な発言は裁判の迷惑でしかないようで、
裁判では、ほとんどこの提出した書類の番号でやり取りが行われています。
またそのやり取りの中で、原告側は自分達の主張を裁判官に納得してもらわなくては、裁判に勝つことはできないようです。

その内容については、裁判の差しさわりになることもあるかもしれないので触れないでおきます。
しかし、1億円を超える募金収入の多くが個人の通帳に振り込まれ、未だにほとんど犬達に使われていないのに、相変わらずHPやブログでは、ドックフードが不足しているなどと訴えているようですね。
[PR]

by pareana-club | 2008-12-12 23:16 | 広島ドックパーク崩壊

言葉変換『もんじろう』用アイコン 歯石取り   

2008年 12月 10日

獣医さんで歯石取りをしてもらいました。

「僕、いやだなあ」

「嫌でも、虫歯になったり、歯槽膿漏がひどくなって骨まで溶けてしまったらもっと嫌でしょう?」
a0045636_1185592.jpg

「だって全身麻酔だっていうじゃない、大丈夫なの?」
「大丈夫、十分に危険がないようにしてくれるからね。」
a0045636_136793.jpg

「麻酔のリスクと今のリューの歯の状態を比較すれば、歯石は取ったほうがいいとママは思ったんだよ。」
a0045636_1193034.jpg

リューは食後必ずタオルで歯磨きしていたのだけど、特にタバコのヤニのような歯石がイッパイついているんだよね。
特に一番奥の臼歯に当たるところはタオルではぜんぜんとれていないよね。

この頃では、タオルで歯磨きすると歯石がたまって腫れている歯肉からすぐ出血するし。
a0045636_120411.jpg


午前中に獣医さんに連れて行って、診察後特に問題が無かったので、リューを預けて帰りました。
午後処置にかかり、2時半ごろ無事終了したとの連絡がありました。

4時から6時の間にお迎えに来てくださいと言われたので、4時にお迎えにいくと、

「処置が始まるのが遅れたので、まだ麻酔から覚めきっていなくて、体温も低いので、後1時間後に来てください。」

「なんだ、それなら5時って言ってくれたら、もっとゆっくりしてきたのに…。ぶつぶつ。」

5時過ぎまで時間をつぶして迎えに行くと、

「虫歯は無かったです。
歯と歯茎の間の歯石をとっているので、1週間抗生物質を朝晩飲ませてください。
今日はまだ麻酔が完全に覚めていないので、ボーっとしていると思いますから、
静かにさせておいてください。
夜は寒くなるので、冷えないように、体温が下がらないように気をつけてください。
麻酔が覚めると、水をとても欲しがるので、一度にガブ飲みすると嘔吐することがあるので、
少しずつ様子をみてやってください。」等々の注意を受けて、リューを連れてきてもらい、
リードを付けようとすると、早く抱っこしてもらおうと暴れる暴れる。

「どこが、ボーっとしてるんじゃい!!」
と思わずリューに言っていると、退室されていた先生があわてて戻られて、

「今はまた置いていかれると大変と思って興奮しているので元気ですが、
家に帰ったら、安心してボーっとしていると思いますよ。」

あー、いえいえ、別に嘘だと思ったわけではなく、ただリューに突っ込んだだけで。(赤面)

処置後の歯、ぴかぴかの真っ白になりました。
a0045636_1195351.jpg

ピンボケで見にくいけど。
a0045636_1253850.jpg

これからは、もっと歯磨き、がんばろうね、リュー。
a0045636_1572056.jpg

[PR]

by pareana-club | 2008-12-10 01:59 | 健康

言葉変換『もんじろう』用アイコン 犬甘野蕎麦   

2008年 12月 05日

仕事で毎日地図を見ているのですが、ある日大阪府豊能郡の地図を見ていました。
対象地からふと目を上の方に向けると、

「犬甘野」という地名が目に。


       犬?

犬という字がつく地名は全国にありますが、地図を見ていて気がついたのは初めてです。

「何で犬甘野という地名になったのだろう?」

「これって面白いよねえ。」と調べてみたのですが、結局、地名の由来は判りませんでした。

犬甘野(いぬかんの)という場所は、見ていた地図の大阪府豊能郡ではなく、大阪府と京都府の境、亀岡市にあります。
大阪や京都市内から、また亀岡市から見ても相当田舎で、周りは田んぼやゴルフ場、山に囲まれた所です。

その犬甘野の近くには犬飼川という名の川が流れていたり、
また近隣にはクイールが訓練を受けた、(財)関西盲導犬協会盲導犬総合訓練センターもあります。

(余談ですが、盲導犬訓練センターってどんだけ、不便な所にあるんでしょう。
目の不自由な方が、ここまで来て盲導犬と共に訓練を受けるのですから、相当大変。)


ますます、犬にちなんだことが多くて興味が沸きます。

犬甘野は歴史的にも古い所で、戦国時代は犬飼城とともに、犬甘野城という山城があったそうです。

それ以上のことは判らなかったのですが、調べているうちに、

  ここが

               蕎麦

                                の産地であることも知りました。



そんなことを調べてから、10日程経ったある休日、遅くなった昼食をどこかに食べに行こうということになりました。
いつものごとく車に乗ってから、

「どこに、何を食べに行く?」ということになり、

「いつか犬甘野のお蕎麦を食べに行くぞ!!」と虎視眈々とチャンスを狙っていた私は

「お蕎麦を食べに行こう!ほら、新御堂筋からのトンネルで行けばすぐだからさあ。」
と言葉巧みに誘導し、出かけることに成功しました。

a0045636_0494210.jpg

犬甘野は標高400m近くの高原地帯なので、昼夜の温度差が大きいことから上質な蕎麦ができるんだそうです。
しかし、こぎれいな蕎麦屋さんがあるわけではなく、
地元の農事組合法人 犬甘野営農組合が経営する農産物の直売所の中にある
「季楽(きら)」という、近所のおばさんたちがやっているお店で食べられるのです。

a0045636_05745.jpg


この「農事組合法人 犬甘野営農組合」は平成10年に村づくりで内閣総理大臣賞を受賞しているのです。
犬甘野に対する興味から、次々と面白いことが判ってきました。


さて、肝心なお蕎麦ですが、
a0045636_131184.jpg

手打ち蕎麦 大盛りを食べました。

亀岡名産の山芋(自然薯)がつなぎに使われているということで、つるつるとした味わいで、割とやわらかいのですが腰があり、太いのやら細いのやら、短いのやら、短いのやら。
ちょっと素人が作った様なところが逆に素朴で美味しかったです。
特にそばつゆの味が、これは玄人でとても良かったです。

農産物直売所にはあまり野菜の量は多くはなかったのですが、こんなものが売っていました。

a0045636_142872.jpg


渋柿が売っているのって初めて見ました。
[PR]

by pareana-club | 2008-12-05 23:35 | リューとおでかけ