言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン やっとまともに爪がきれた!   

2008年 06月 29日

新しいアイテムが手に入ったら、直ぐに切ってみたくなりますよね。
写真を撮る前に、早速ご褒美のチーズを用意して、前足をちょんちょんとさわっては、チーズという段取りを、超スピードで、一応段取りだけ踏んで、爪を切ろうとしてみました。

今までも、ご褒美で慣れて貰おうと、ちょこちょと練習はしてきたのですが、継続性に大いに問題ありで、効果は今ひとつでした。

さて、今回は、

だめですねえ、
毛深い足の中潜む爪を探し出し、出血なんて絶対させないよう1ミリだけ切ろうと、慎重に挟もうとするまでの時間が長すぎます。
「さあ、切るぞ!」という瞬間に手を引っ込められてしまという、いつものくりかえしです。

リューは「ご褒美のチーズは欲しいけど、爪切りなんてさせない。」という断固たる態度。

いくら、切れ味の良い爪切りといえど、切り手の思い切りが今ひとつなのです。

今までのギロチン式で切るときにも、
「パチン!」という音にリューも私もビックリして、飛び上がっていました。
その上、深く切ってもいないし、痛いはずもないのに、
リューは「キャン」と叫んでこっちをビビらせる技も持っているのです。

直ぐに逃げられる状態では、やはり無理と思い、トリミング台をセットして、
なんとか、やーーっと、後ろの爪1本を切ることができました。
「今日はこれで勘弁してやろう。」


そして今日、またトリミング台を取り出しての爪切り。

リューの爪は真っ黒で、どこまで切ったらいいのか、判らないのが思い切って切れない大きな理由です。
家でも爪をきれるようにしようと思ったとき、出血に備えて止血剤をもらおうと、掛かり付けの獣医さんにお願いすると、
「止血剤はとてもしみて痛いので、犬に二度の苦痛を与えるようなものだから、止血剤は使わずに、しばらく押さえて止血する方がよいですよ。」といったことを言われ貰えませんでした。

止血剤があろうとなかろうと、出血させるような切り方はできないので、慎重にならざるを得ません。

今日は、前足の親指にあたる爪だけを切ろうと思いました。
他の指の爪は、それほど無理をしてきるほど伸びていないのですが、特に左前足の親指の爪はくるりと回るほど伸びています。

もしかして、美容院で切り忘れていた?

リューの爪は黒いと先ほど書きましたが、右手の親指の爪だけ白なのです。
今日切って気がついたのですが、白い爪を切るのは楽ですね。
透けて血管のありそうな部分の色が違い、切る限界が判るので、躊躇なく切ることができました。

それに伴って反対側の伸びすぎていた方も、このくらいなら絶対大丈夫という見当がついたので、なんとか切ることができました。

ただ、左手と同じ長さまで切ることはしませんでした。
犬の爪は、爪が伸びると一緒に中の神経や血管も伸びてくるということで、いきなりは短くできませよね。
a0045636_138346.jpg

さて、肝心の爪切りの切れ味は。
切る時にいままでのような「パチン」という大きな音がしないので、リューも驚いて嫌がることはありませんでした。
私自身、あまり音がしないので、
「あれ、切れたんだろうか?」と見直したくらいです。
もちろん全く音が聞こえないのではなく、ボス、バスっという感じはあります。

それに今まではパチンと切った爪は、その途端どこか遙か彼方に飛び散ってしまって、回収不能の時が多かったのですが、今回は切れた爪は爪切りの刃に残っていたので、無事回収できました。
[PR]

by pareana-club | 2008-06-29 01:52 | 健康

言葉変換『もんじろう』用アイコン さあ、新しい爪切りは買った。   

2008年 06月 27日

新しい爪切りを買ってしまいました。

a0045636_3245737.jpg


自分の爪で試してみると、切れ味はまずまずです。

さあ、覚悟してね。
a0045636_3251197.jpg

[PR]

by pareana-club | 2008-06-27 23:53 | 健康

言葉変換『もんじろう』用アイコン 爪切り   

2008年 06月 20日

ワンの爪切り、自分でやってますか?

前にも書いた気がするのですが、あとお手入れで自分である程度まででもできていないのが、爪切りです。

ちょっとずつは練習しているのですが、あのパチンという大きな音で、リューもですが、私自身がビックリしてリューと一緒に飛び上がってしまいます。
もともと、目が悪いので深く切りすぎるのではないかと、慎重になりすぎて、1本切るまでに時間が掛かりすぎるのです。
リューも引っ込めたい手を持たれながら、緊張の時間が長くて我慢しきれなくなった頃、やっと切るという状態です。

私が持っている爪切りは、ギロチン式(この呼び方恐いですよね。)のホームセンターで売っているものなので、切れ味が悪いようです。
下手すると、割れたように切れてしまう心配もあるので、更に切り方に慎重になってしまいます。

そこで、気がつきました、今頃。

良く切れる、音のしない、爪切りを、買えばいいのだ!!

ということで、ネットで調べてみると、日本製で人間の爪切り専門の会社でつくられた、ニッパータイプのものを見つけました。

ちょっと高いのですけれど、これを買おうか迷っているところです。
[PR]

by pareana-club | 2008-06-20 00:26 | 健康

言葉変換『もんじろう』用アイコン 相手によっちゃあ、強いリュー(門の中ならね。)   

2008年 06月 13日

お散歩コースはいくつかバリエーションがあっても、大体は決まってくるものです。
リューもあの角を曲がって、あの家の門の中には甲斐犬のカイ君(我が家では話の中で、知らないお宅の犬に勝手に名をつけてます。)がいると知っているので、

ちょっとのぞいて、おチョックってやろう!!
a0045636_0311635.jpg


と、そこに近づくと、タラッタ、タラッタという感じの足取りで門を覗きにいきます。
覗いても、しっかりした門には鍵が掛けられており、向こうのカイ君が外には出られないのを知っているので、「ハハ~ン」と門を覗くと、
今度は「追いかけてみろよ!」と腰を低くして、逃げるように、誘うように離れます。

ある日、いつものように門を覗くと、
a0045636_0423959.jpg

    (甲斐犬というよりコーギーみたいになっちゃいました。)

門は開いていて、カイ君が

「なんか、用かい?」

顔をだしました。


まさか、門が開いていると思ってもいなかったリューは、

       「ヒョエー」
a0045636_043273.jpg


っと、逃げようと足をもつらかせて、後ろに反っくり返るようにひっくりかえってしまいましたとさ。

これマジ話です。

ペイントをつかって、マウスで始めて絵を描いてみました。
マウスで描くのは難しいです。
[PR]

by pareana-club | 2008-06-13 00:58 | リュー

言葉変換『もんじろう』用アイコン 犬連れで、初夏満喫   

2008年 06月 03日

日付は大分前後するのですが、5月の子供の日、
昨年の春に続いて再び行ってきました。
「淡路島国営明石海峡公園」

    フェニックスかな?
a0045636_0455964.jpg

今回は、めずらしく早起きをして、お弁当を作っていきました。
まあ、中身は珍しくもないウインナーや卵焼きにおにぎりですけどね。
a0045636_0461047.jpg


ここの作りというか、構成は複雑で今でも良く理解していないのです。
「国営明石海峡公園」という、明石海峡を挟んだ兵庫県本土側と淡路島の両方にまたがって、広範囲に広がっているいくつかの公園をひとかたまりを言うらしいのです。

その中の一画、淡路島国営明石公園も「県立淡路島公園」(広い公園地域)、「百段園・プロムナード」「淡路夢舞台及び温室」などといった多数の施設が複合してできているみたいです。

淡路夢舞台公苑内 「百段園」の上から公園を望んだところ。
a0045636_0461879.jpg


淡路夢舞台公苑内 「プロムナードガーデン」
a0045636_0462960.jpg

ここを娘と散策していたら、公園ボランティアの方に声を掛けられ、このプロムナードガーデンの由来やお花の説明をしていただきました。
公園の管理や案内とボランティアの方が多く活躍されているのには感心させられましたし、近かったらちょっとやってみたい。
なんせ、草むしり好きなものなので。

ボランティアの方に教えてもらった、「除虫菊の花」(園芸種)
a0045636_0492091.jpg

これは園芸種ですけど、淡路島はかつては除虫菊の名産地だったということを思い出させていただきました。
[PR]

by pareana-club | 2008-06-03 01:42 | つれずれに