言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン ドックカフェ巡りをしようと   

2007年 09月 25日

ちょっと前になりますが、運転の練習がてら、大阪北部のドックカフェ巡りをしてきました。

ドックカフェに行く前に、リューのパワーを発散させようとまずはお散歩です。

行った先は豊中市の服部緑地。
以前豊中に住んでいた頃は、しばしば訪れたものでしたがもう何年ぶりでしょうか。
前回行ったのは娘が中学生の頃、吹奏楽部の演奏会が野外音楽堂であった時ですから…。

さて今回の目的地は、緑地内の乗馬クラブ。
最初に見つけた第1駐車場に車を止め、ユースホステル前を抜け、まだまだ真夏のような日差しの中、「こりゃ、犬の散歩には暑すぎた。」と焦りながら、竹林の間の道を、それでも木陰を選びながら進みました。

少し迷いながらも到着すると、馬場のなかには予想以上に沢山の人と馬が練習をしていました。
私も何度か「習いたいなあ」と思い、教習料など調べたことがあるのですが、単純に経済的理由で断念。残念。

改めて眺めていると、馬はデカイ。
犬も大きなのはもうそれだけで「いいなあ」と思うのですが、あれだけ大きな動物とコミュニケーションをとれたら楽しいでしょうね。

a0045636_22501984.jpg

真剣に馬を眺めるリュー。

強いものには弱く、弱いものに強い、デカイものには、まかれるリューですから大人しいです。

さてさて、本来の目的であるドックカフェめぐりに。
暑さでリューをへばらしてから車のクレートに乗せ、高槻市、茨木市とドックカフェを探しに行きました。
しかし、迷い迷い、通り過ぎて、

  「何、今通り過ぎたのがそう?」

「あれがドックカフェ? 」にしては、古い車のディーラーの看板が残っているような。
やっと戻ってきて、今度はその前に車を止めて、ゆっくり眺めてみると、
  「やってるの?」

よく見ても判らないし、入る気にもならない雰囲気なので車から降りず、次へ。


「ドックカフェ」ってどこにあるの?

住宅地から離れた園芸店の脇に古い軽食堂、
「ドックランもあるって、HPには書いてあったんだけどなあ」
「ドックカフェって何処よ!」

またもやパス。


どちらも
        う~ん

車を降りる気にもなりませんでした。

どうもドックカフェって、看板倒れにならない所は中々無いものですねえ。
商売が旨くいかないから、ドックカフェの看板でも挙げようかという所が多いよう。

仕方がないので、吹田市にある「ご近所さんが良かったと言うドックカフェ」に行き、やっと止めにくい駐車場に止め(へたくそですからね)、表に回ると、

        休み

スーパーでサンドイッチを買って、千里中央公園で淋しくリューと食べました。
大阪で雰囲気が良くて、美味しいものを食べさせるドックカフェって何処?
[PR]

by pareana-club | 2007-09-25 23:41 | つれずれに

言葉変換『もんじろう』用アイコン 裁判傍聴記 4   

2007年 09月 23日

<追記> ☆9月25日放送「ムーブ」☆
  ①http://www.youtube.com/watch?v=v9rxNJjUQME
  ②http://ime.nu/www.youtube.com/watch?v=_IiivM4XXg0
-------------------------------------------------------------
9月21日(金)10時15分から行われた、アーク・エンジェルに対する、民事訴訟「ボランティア基金返還等請求事件」の第4回目の裁判傍聴をしてきました。

被告側は相変わらず代理人の弁護士1人、原告側は弁護士と原告代表5人が座り、残りの原告は傍聴席に座られていました。
傍聴席に着席した人の数は3回目より多いようでした。

今回は、前回許可されたAAの通帳等の調査から実際のひろしまドックぱーくの犬達へのためへの寄付金のおおよその金額、またその振り替え、引き出しの不明さが判明しました。

詳細は原告の会HP上で公開されている資料をご確認いただきますようお願いいたします。
    ひろしまドックぱーく原告の会 < 裁判資料 >

資料を見ると、ぱーくの犬達のために全国から送られた金額は、郵便貯金、ネット貯金といった振り込みされたお金だけで、おおよそ

        1億3千万円

その内、明確なのは
    動物病院への支払い、 146万円余
    組み戻し          430万円余

すでにその多くを振替え、引き出しされているようで、

  原告側は、
    代表個人他口座への振り替え、本人引き出し、
    他人口座への1千万円を超える振替え等の内容の釈明を求め、

 また、募金は銀行振込だけではなく、現金手渡しや、募金箱、芸能人からの多額の寄付、支援物資を販売したことによる収入もあるのにそれらの銀行への入金が一切無いこと。

更には、シェルター基金として6千万円の募金があったと言っているが、実際に募金されているのは、45万円余であること。

これらの釈明を求めました。

被告弁護側からは、各原告の請求とこれら不明とされることに答える必要があるか、どう関係あるのか、一人一人の請求理由を出すようにと答弁がありました。

次回は11月16日(金)10時~
     証人も出廷する予定とのことです。

21日放送ムーブ画像を拝借してきました。
   (1) http://www.youtube.com/watch?v=aEhjxHb4i5o
   (2)http://www.youtube.com/watch?v=ePYg_7vvIJY
   (3)http://www.youtube.com/watch?v=9p4gvvE0_V4
   裁判、寄付金に関する放送は24日、月曜日にあるようです。

-----------------------------
前回右と左の裁判官を観察してくると書きましたので、少し注意をしてみました。

裁判官三人の内、中央が裁判長(部総括判事)、向かって右が左陪席(裁判長から見て)、左が右陪席です。
向かって右の左陪席には若い人が担当し、実際の事件の内容を一番理解し、判決文の案を書くことになっているそうです。
見ていると裁判官はこの右側の左陪席と相談しながら、裁判を執り行っているようです。
向かって左の右陪席は何も内容を知らないのか、ただ座っているだけなので暇そうにニコニコしていました。

被告代理人は、なぜか無精ヒゲで(お洒落だったら失礼)、ハンカチで汗をぬぐいながら、それでも時折皮肉ともとられる笑顔を見せていました。

相変わらず、短い時間で早口、聞き取りにくい、という状態だったので聞き間違い等あるかもしれません。ご了承下さい。       
[PR]

by pareana-club | 2007-09-23 03:28 | 広島ドックパーク崩壊

言葉変換『もんじろう』用アイコン 「お花畑を楽しみに」のはずが、楽しんだのは、山の…   

2007年 09月 18日

更新されない日々が続く上に、犬ブログならぬ、日帰り旅行ブログになっている今日この頃です。

さて、六甲、嵐山、吉野と続いた

「リューを車で留守番させられないから外食はできない、仕方がないから昼食は外でお弁当を食るため無理やりどっかに行こう、どうせなら涼しい山に行くしかないドライブ」

この16日には、伊吹山に行ってきました。
伊吹山、関西圏以外の人には、今ひとつなじみがないかも知れませんが、滋賀県と岐阜県の県境にそびえ立つ標高1,377m、日本名山の一つです。

冬はスキーやスノボが楽しめ、春から秋は山頂のお花畑に咲き乱れる高山植物を観賞することのできる、また琵琶湖を一望する絶景でも有名なところです。

名神高速道路のICを下りて直ぐ、関ヶ原の古戦場近くから、伊吹山ドライブウエイが山頂間際まで通っており、そのドライブウエイを利用すれば、20分ほどで歩いて登山のできない一般観光客も楽々登山ができる山なのです。

植物と写真が好きな家族、しかし登山とは全く縁のない私たちにはお目にかかれない高山植物、お花畑を楽しみにでかけました。

その日は、沖縄には台風が来ていたものの、大阪は9月も半ばだというのに、カンカン照り、33度の暑さでした。

が、しかし!
山頂に近づくにつれ、霧が…
a0045636_23401422.jpg

ガードレール以外景色は見えません。
a0045636_23424446.jpg

やっと山頂前の駐車場に到着しても、
ポツポツと駐車している車はあるのですが、それも霧に隠れてうっすらと。
a0045636_23413641.jpg


山の霧に慣れていないので、全く周囲が見えない車の外にでるのは躊躇があるくらいだったのですが、折角北のですから霧の中にもはいってみなくては。

何となく建物のある方にすすむと、「東之道茶屋」という看板の建物があったのですが、当然シャッターを下ろしてひっそりとしていました。

その建物と自動販売機の並んだ道の先には、
a0045636_004965.jpg

階段を上ってすぐに山頂への遊歩道がありました。
a0045636_23441437.jpg

入り口に立っただけでお花がこれだけ咲いています。
a0045636_2347034.jpg

お天気が良ければ20分ほどで山頂までいけるのに。
ただ、観光バスや家族連れできている方々は山頂までいかれていたようでした。
遊歩道が整備されているので、遭難などはありえそうもないのですが、サラママや弟を残して私一人だけ行くわけにもいかず残念ですが入り口だけ眺めてきました。
a0045636_23432631.jpg

ここだけは良く見えているようですが、視界20~30mです。
a0045636_23434734.jpg

お花畑入り口より、お茶屋さん、駐車場の方を見たところ。
この後はもっと視界が悪くなりました。
a0045636_23443989.jpg

結局、またもや昼食は車の中で。
a0045636_2345092.jpg

台風による低気圧の影響なんだそうです。
我家族、山登りは絶対に止めた方が良いようです。
先の見通し甘く、天候関係なく、我が道を行く。登山したら遭難確実。

帰ってきて、あ~~!!と気がつきました。
「霧の中のリュー」写真撮るの忘れた。。
[PR]

by pareana-club | 2007-09-18 23:00 | つれずれに

言葉変換『もんじろう』用アイコン 暑い時は、山に行けば涼しいかと   

2007年 09月 10日

またもや行ってきました、山シリーズ。
神戸、京都とくれば、次は奈良。

土曜日、片付けが済んでから(最低限の)、もうお昼という頃になって、
「今日は近くにしよう。奈良…、生駒山がいいか…。」
「生駒山はこの間羊がいたところだよ。」

「なんだあ、じゃあ…」と弟。

ということで、行ってきました。

奈良県吉野郡下市町。

ちょっと近場が、吉野です。ハア~。
カーナビで見つけた「森林公園やすらぎ村」
奈良県の中心部をどんどん南下して吉野川を渡ると昭和の時代にもどったかと思われる町並みを残す下市町でした。
道を通りながら左右の建物を眺めると、どうみても両側は昔の街道沿いの宿場町、その後は産業の発展に伴い商業地として栄えただろう趣を残した商店が連なっていました。
映画のセットの中の世界に現実の人々が生活しているような不思議な車窓風景でした。

その町並みをまたどんどん通り過ぎ、山あいの道を登って行きます。
ここは吉野杉の地元、杉の箸工場がありました。
a0045636_054653.jpg

帰りには沢山杉や桧の割り箸を仕入れて行かなくては。

しばらくいってやっと右に曲がると、その先は一瞬森に道を覆い被されていると錯覚するような山道でした。

行き先がはっきり判っていないので、対向車が来たら立ち往生しそうな山道を辿るのは、先になにがあるのか、行って戻ることが出来るのかと、カーブの先をただ不安で見つめるばかりです。

「千と千尋」で引っ越しの家族が道を間違って、「橋を渡ると違う世界に踏み込んでしまった。」
同じ様なそんな気分を味わっていると、車一つ出会わない道の先にも人家があり、
「人が住んでいる所なんだ。」とほっとしながら、
また進むと今度は「学校の怪談」に出てきそうな小学校の廃校がありました。
木造の2階建てで使われていないのにとても美しい建物でした。
a0045636_0524867.jpg

正面からの写真が撮れなかったのが残念です。

先の県道をまがってから4キロほど進んだ頃、
ありました「森林公園やすらぎ村」

着いてみると、驚くほどたくさんの人がキャンプをしたり、バーベキューをしたり、川で水遊びをしています。
「どこから、こんなに沢山の人が来たんだろう?」
知っている人は、知っているんだなあと、知らないものからすると、驚くばかりです。
a0045636_0532924.jpg

a0045636_0561469.jpg

a0045636_0563410.jpg

a0045636_057172.jpg

滞在時間、1時間ほど、せわしない家族はお弁当を食べるとそそくさと帰り道を辿りました。
[PR]

by pareana-club | 2007-09-10 23:07 | つれずれに

言葉変換『もんじろう』用アイコン テレビCMの影響を思うと   

2007年 09月 05日

CMに犬が登場すると、つい何の犬種かとか見入ってしまいます。

今までもテレビや車、コーヒー等のCMに色々な犬が登場してますよね。

ワイマラナー、プチバセット・グリフォンバンテーン、ジャックラッセルテリア、チワワ…。

最近、目を引いたのが新発売のビエラのCM。
小雪さんに抱かれた、白い子犬。
あどけなくて、可愛いですよね。名前も小雪さんと同じ小雪だそうです。

ただそのへんから、企業のちょっとあざとさを感じるんですよね。

あの子イヌはチワワとダックスの交配で生まれたチワックスだそうです。
最近、わざと雑種をつくって、MIX犬と呼び、特別な稀少犬として価格をつけて販売されており、またそれが可愛いと飛びつく消費者がいます。

誤解を与える前に、言わずもがなのことですが、雑種が悪いとか、劣っているなんていうことでは、全くありません。
雑種であろうと、純血種であろうと犬に違いはありません。

ただリューを飼うにあたって、色々調べ考えた結果、純血種の犬を飼うなら、できるだけスタンダードの犬、健康、特に遺伝的に問題のない犬を飼おうと決心しました。
それが少なくとも犬を飼うというだけの犬好きな人間が、犬のためにできる最小限のことの一つだと思ったのです。もちろんチャンピオン犬にも遺伝疾患がないとは言いません。

犬を買うという消費者の目が厳しくなれば、繁殖屋の儲かれば良いというだけの乱繁殖を抑制する力にもなるのではないかと、今思えば1頭飼うだけなのに相当思い詰めていたものでした。

日本の犬の繁殖を知れば知るほど、更にはある犬種に限っていたため(E.コッカーではありません。)追い詰められ、良いブリーダーさんが見つからず犬が買えない状態になっていました。

またあの頃の大変だったことを思い出してしまいましたが、このことはまた別の機会にするとして、少なくともスタンダードを守ることがむやみな繁殖や、犬の健康や遺伝疾患を防ぐためにできることの一つであると思っている私にとって、今のチワックスとかコッカプーとか名付けた意図的なMIXを売っているペットショップや作り出す繁殖者には嫌悪感を持つのです。

ビエラに登場しているチワックスに戻りますが、映像的修正を加えているのかもしれませんが、チワワが入っているからか、殆ど真っ白に見えます。

ダックスの繁殖、カラーによる遺伝疾患の問題は私などが理解しようとしてもとても難しく、ちょっとやそっと説明を読んだところでなかなか解りません。

ただ私でも、人間であろうと犬でも猫も、髪の毛や皮膚の色などは、メラノサイトと呼ばれる色素細胞で作られて、それにより毛色や肌の色が決まっていることくらいは知っています。
その色素のメラニンが発生するに際して、胎児というよりはまだ細胞分裂の頃の話らしいですが、人間や犬が形づくられているにあたって、脳の一部から神経堤細胞というものが発生し、それが身体の部分、特に感覚器官や目や耳等ができるのにかかわり、メラニンの体中への分布にもかかわっているのだそうです。

不思議なことにこのメラニンの発生と特に感覚器官の発生には繋がりがあるらしく、古くからブルーアイの猫に難聴があることが判っていたようです。

ダックスの遺伝についも、マールとかダップル、ダブルダップルとかいう言葉がでてくるとだんだんお手上げになってくるのですが、ダックスにかかわらず先天性色素欠乏症が遺伝疾患を伴うことは知られています。

テレビに出ている犬は問題ないのかも知れない、でも影響の多いテレビCMを見て、チワックスが欲しい、白いダックスが欲しいと思った消費者がいて、またそれを商売のチャンスととらえた繁殖屋がいたらと思うと、メーカー、広告代理店にもっと見識を持ってもらいたいものです。
[PR]

by pareana-club | 2007-09-05 12:11 | 健康

言葉変換『もんじろう』用アイコン 行くとこないときドックラン   

2007年 09月 02日

サラママとリューの
「どっかに行こう!!」
という無言のプレッシャーに負け、いつもながら取りあえず出発。

先週に引き続き、山シリーズということで兵庫県の次は京都と言うことで嵐山に向かいました。
またもや、行き当たりばったりで、通りがかりのほっか弁当屋さんでお弁当を買い、嵐山の観光地を抜け、嵐山高尾パークウエイにあるドックランに、色々遠回りをしながらも到着しました。
a0045636_1555878.jpg

嵐山高尾パークウエイは通行料は多少高めですが、中にペダルボートに乗れる池やそのほとりにバーベキューコーナー、池から高台に上がった所に無料のドックラン、今からだとコスモスが咲くフラワーパーク、ちょっとしょぼいハーブ園、子供が遊べそうな小さな遊園地、一番の見所は保津川がトロッコ列車が通る様子や保津川下りの船まで見える絶景ポイントがあるなど、微妙に盛りだくさんな観光が楽しめる所です。
a0045636_0223658.jpg


リューにこの台の端を「トントン」と叩いて合図するだけで、さっさと渡れるようになりました。
これがある度に、やっているのですからさすがリューも慣れてしまったようです。
a0045636_0225479.jpg

この台もさっさと上ります。
a0045636_0231575.jpg

しかし、最近のリュー、オフリードにするとなぜかイイコになって、左にぴったりくっついて歩くんですよね。
ドックランなのに私がベンチに座ると一緒に座るし、ドックランにいる意味が…。
よい子になったのか、ビビリが増したのか、いやいや状況判断をするようになったのか。
[PR]

by pareana-club | 2007-09-02 23:28 | つれずれに