言葉変換『もんじろう』用アイコン <   2006年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 思いを届けて   

2006年 11月 30日

ひろしまドックパークの犬達に寄せられたドックフードを全国の保護団体に分けてくれると知った時、送料出せないだろうなあ、それに重量もあるから中身によっては送料大の方がかかりそうだしと思いました。

それで、ぱーくの犬達のためにボラに行かれる方が、帰りの車にフードを乗っけてくれれば、送料が助かるなあ、なんて思っていました。
そのことは前にも呟いたことがあります。

私がぼやいている間に、もうすぐ行動に移していたおとめ母ちゃん黒ラブおとめの気まぐれ日記
近所の保護団体さんに声を掛けてくださり、話をつけ、さっさとフードを運んでいらっしゃいます。

そして、そのおとめ母ちゃんに、どーんと力強い味方が現れ、遠くは普賢岳噴火の際置き去りにされたワンコのレスキューから始まった保護団体さん、山口県の保護団体さんとパークに寄せられたフードを運んでくださっています。

特に遠方には、フードのリレーしてより効率的に運んでくださっています。

ぱーくでずっと物資のボラとして働いてくださっている、純ちゃん=バブの母さんバブの部屋は2日で700キロも車でフードを運んでくれています。

その純ちゃんのコメント、了解を得て紹介したいと思います。

…たった今、配送のボラから帰ってきました。
昨日から700km以上走ってるので、腰とお尻が痛いです(T_T)
でも、ワンちゃん達の嬉しそうな顔を見ると疲れも痛みも吹っ飛んじゃうんです(^-^;)

個人で保護活動されてる方が別れ際にこう言われました。
『AAの皆さんやボラの皆さん、そして全国から寄付をしてくださった皆さん。本当は皆さんにお会いしてお礼を言いたいんですが、なにぶん数百頭の犬達の世話で動くことも出来ません。どうか私の気持ちをお伝え下さい』………と。

フードを買うお金にも困っているというのに、その方は私と同行したボラの子に缶コーヒーを1本ずつ買ってくれました(T_T)
今まで飲んだコーヒーの中で1番おいしいコーヒーでした(T_T)
明日も次の配送が待ってます。
ワンちゃん達、待っててね〜(^o^)


人間の素晴らしさ、心の美しさに感動します。
何が大事なのかにも、
[PR]

by pareana-club | 2006-11-30 21:54 | レスキュー

言葉変換『もんじろう』用アイコン ここにも、崖っぷちワンコが!   

2006年 11月 29日

4日、二頭とも保護されました。
良かった。
----------------------------------------------------------
<嬉しいお知らせ>
まだ二匹のワンコが確実に保護された訳ではありませんが、救出しようとされている方々の努力で、もし保健所に捕獲されても、譲渡されることになりました。
これで一安心ではありますが、一日も早く無事に保護されることを願っています。

<奈良県橿原市に近い方、お手伝いのお願い>

奈良県橿原市から車で30分ほどのところに、妊娠していると思われる母犬とその子供らしい2頭の野良犬がいました。

10月からそのワン達をなんとか保護しようと頑張っている方がいます。

しかし、残念ながら、お母さん犬は保健所に捕獲され、既に殺処分されていました。

奈良県では、捕獲された野犬は譲渡してもらえないのだそうです。


保護すると訴えてもです。
国や地方団体がこんな動物虐待をしている。
間違った制度を法律だからといって、許せません。

残された子犬の一匹は首にひもが食い込み、血が流れている様子が写真で見ることが出来ます。

一日も早く、その子達を保健所よりも早く、保護するべく努力されていますが、人が足りません。

近くにお住まいでお手伝いをしてくださる方を求めています。

ぜひブログだけでも読んであげてください。

   助けたい命
[PR]

by pareana-club | 2006-11-29 12:05 | レスキュー

言葉変換『もんじろう』用アイコン 心から応援できるように   

2006年 11月 24日

私が、ひろしまの犬達のために出来ることは、
それは現実にいるぱーくの犬のためだけを考えること。
何も言わないでただ早く里親さんに巡り会えることを望むこと。
でも、それはこれだけの社会問題となった犬の保護活動の、そして今後を考えると黙っているだけではいけないのではないか。
何も出来ないなりに、迷っています。

アーク・エンジェルHP内、代表のズバリ一言のコメントとして、
>団体に対しての非難中傷が出ているそうですが、真実は一つです。
と言われています。
様々な意見を全て誹謗中傷と受け取られているのでしょうか。

支援金の使われ方の明細を速やかに報告するのは、支援してくださった方々への義務でしょう。
里親選択に対する基準の不明さを明らかにし、もし混乱の中で一時的なボラさん達にお願いしたこと故、人それぞれに違ってしまったことがあるなら、それをそうと認め、管理者としての責めを負えばよいことです。
そうすれば敢えて、それを責めることはないでしょうに。

>誰も、何も、しないで陰口を言う者の人間性の問題。
「何も、しないで」でしょうか。
あれだけ多くの人が、物資を送り、支援金を送り、犬達を心から心配している、その人々の言葉。
そして初期のあの惨状からずっとボランティアとして現地で犬達のために、尽くしてくださった方々を慰労するどころか、パークに行けなくしている。

犬達のことを思い、ずっと応援したいと思っています。
その気持ちを誹謗中傷と十把一絡げに受け取らず、これだけの人々の応援を得た保護団体としての対応をしていただきたい、ただそれだけなのです。
[PR]

by pareana-club | 2006-11-24 01:28 | 広島ドックパーク崩壊

言葉変換『もんじろう』用アイコン 20日つぶやき   

2006年 11月 20日

前にも書きましたが、ぱーくのことが明らかとなり、アーク・エンジエルズさんがレスキューに入られ多くの人々がHPに情報を得ようとした結果サーバがダウンし、様々な憶測が流れそうになりました。
その時点で、目の前の情報をいち早く教えてくださったのが、あの惨状に駆けつけてくださったボランティアの方々のブログでした。
その情報がWeb通じて、多くの人の関心をまた呼び、それぞれの人がひろしまのワンコの為になにができるかと考え行動し、物資、支援金、そして多くのボランティアが集まる大きなきっかけとなったと思います。
しかし、ボランティアの一日を終えられてから、疲れているにもかかわらず全国にいるワンコを心配する人々のためにブログをアップしてくださった方が、今ブログを閉鎖されたり、お休みされたりしています。たいへん申し訳なく思います。
[PR]

by pareana-club | 2006-11-20 22:27 | 広島ドックパーク崩壊

言葉変換『もんじろう』用アイコン 今日はちょっと嬉しいことが、   

2006年 11月 18日

アーク・エンジェルさんが、支援物資のドック・フードが無駄にならないように、他の保護団体さんに分けてくださると知って、とても嬉しかったのですが、それを知って直ぐに思ったのが、遠くの保護団体さんが手に入れる方法。

いろいろな保護団体さんのHPを覗いたとき、会計報告も見ると、どこも赤字ばかり。
毎月毎月の赤字の積み重ねに、私までため息が出てくる。
だから、重たいフードの送料、着払いで払うにしても「難しいだろうなあ」と思いました。

今、ひろしまドックぱーくには遠くから、ご自分の車でボランティアに行ってくださっている方々が沢山いらっしゃいます。
その方が、ご自分の住まわれている地域の保護団体さんにお声を掛けて、A.A.さんと連絡をとってもらい、ボラに行った帰りの車に積めるだけのフードを詰めて運ぶことが出来たら…、

私はただ「そうできたらいいなあ」と思うばかりでしたが、早速行動されていた方がいました。


黒ラブおとめの気まぐれ日記のおとめ母ちゃん

熱血おとめ母ちゃんは、直ぐに地元のネット環境のない保護団体さんに声を掛けられ、やはり送料に難色を示されたので、A.A.さんにメールで連絡をとられたそうです。

A.A.さんも直ぐにお返事をくださり、保護団体さんの保護頭数等をご連絡すれば、オーケーというお答えだったようです。

最近、ずっと通われているボラさんにお疲れの様子が伺われ、その行動、お気持ちが評価されているどころか、何故か非難されていたり。
お互いワンを思う気持ちは同じなのに、ぶつかり合ったり、通じ合わなかったり。
端で、見守るしかない者が余計な口をだすことが、より一層の混乱を生じさせる危険を承知すればこそ、心の中で応援するしかない歯がゆさを感じる毎日でした。

今日はその重い気持ちを、すっと軽くしてくれるおとめ母ちゃんの行動力に感謝です。

そうそう、使用済みのクレートはどうするのかなあ、大分余ってるんじゃないかと勝手に思うのだけど。
クレートの中にフードを詰め込んでなんて、無理だろうけど、やはり早い内に利用できる方法を考えられたほうがいいんじゃないかな。
[PR]

by pareana-club | 2006-11-18 21:13 | 広島ドックパーク崩壊

言葉変換『もんじろう』用アイコン 除草剤   

2006年 11月 16日

他の方のブログで
「隣家の除草剤が風で運ばれ、その毒性で犬が死んでしまった。」ことが書かれていた。

実際に被害を受けたことがないし、あったら大変なのだが、除草剤にそこまでの毒性があるとは知らなかった。
もちろん、除草剤の毒性については知っていたのだが、これほど速攻的な猛毒とは思っていなかった。

ちょっと調べてみたのだが、

フェニール系、尿素系、トリアジン系等の除草剤があって、皮膚を通してよく吸収されるということなのだ。

また足の裏についた除草剤を舐めて、中毒を起こすこともある。
症状としては運動失調、ケイレン発作。
そして腎不全が起こり、3日以上経過すると呼吸器系が障害を受けて呼吸困難となり、肺に水が溜まったり、出血が起こす。
ダイコート(?)も同じようにケイレン発作があり、胃腸炎と腎不全の症状が現れ、最終的には水分の喪失と電解質の障害により、死亡することが多い。

トリアジン系は、多くの穀物やトウモロコシに使われる除草剤。
除草剤が付着した疑いのある場合は、足の中心によく洗うことが大切。


以上日本ベェツグループHP内犬の飼い方と病気 参考

道路や公園で当たり前に、除草剤は撒かれているけど、こんな毒性のあるものを撒いていいものなのか?
犬にこれだけの毒性があると言うことは、人間にだって当然…
以前から、草むらの中にリューを入れないようにしてはいるが、犬が草の臭いを嗅げないなんて不自然、不幸せ、おかしいよなあ。

でもでも、皆様も充分お気をつけ下さい。
a0045636_439996.jpg

[PR]

by pareana-club | 2006-11-16 04:40 | 健康

言葉変換『もんじろう』用アイコン 徳島多頭飼育緊急レスキュー   

2006年 11月 14日

A.A.さんと沢山のボラさんのお陰で、広島の犬達はあの地獄の日々から比べれば、幸せな毎日を送ることが出来ているようです。

ナナパパさん(わんダフルLIFE)もまたボラに入られ、物資で頑張って来られました。
今、広島の犬達に何が大事か教えてくださいます。

そのナナパパさんのブログで徳島の徳島多頭飼育緊急レスキューの紹介がありました。

2002年10月徳島県のとある民家の敷地に60頭の犬が繋がれ飼育されていました。
初めてその現場を見た時、あまりにも窮屈な犬小屋、そして短い鎖で繋がれて、犬小屋の周囲は不衛生多頭飼育で飼われている犬達の未来があるのか?ないのか?まさにその節際でした。
60頭の犬達の飼い主は、捨て犬を引き取り続けておりました。
ご夫婦で引き取ってきた犬達を、奥さんが病で倒れ帰らぬ人となったと同時に世話ができないと全頭保健所送りにするという報告を受けてドッグサルベーションの支援が始まりました。
犬達の為のフード、医療費、里親探しの全てを引き受ける事で、60頭の犬達の命は繋がりました。

大阪のドックサルべーションという保護団体が主となって保護活動をされていますが、現在現地には未だ21頭の犬が取り残されています。
ドックサルべーションさんもシェルター建設をされようとしていますが、如何せん資金が足りません。
[PR]

by pareana-club | 2006-11-14 05:51

言葉変換『もんじろう』用アイコン 日本にアニマルポリスを誕生させよう!!   

2006年 11月 11日

犬達に何が出来るかと、妄想が膨らむばかりなのだけど、妄想は妄想。

じゃあ、今、何が出来る?

何ヶ月前か、CSチャンネルのアニマルプラネットで「動物警察」という番組を見た。
そのことはこのブログにも書いたのだけれど、その時日本にも「動物警察」、絶対必要だと思った。
その番組に出てくる、動物警察は、
私のテレビを見てのうろ覚えより、以下フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』よりの引用を

「動物警察」
動物警察(どうぶつけいさつ)は、アメリカ合衆国内の団体「ASPCA(動物虐待防止協会)」に属する、警察権限を持った団体。ASPCAは「The American Society for the Prevention of Cruelty to Animals」の略称である。
イギリスやオーストラリアなどにも動物警察は存在する(国によって名称が異なるが、一般的に動物警察はSPCAと呼ばれる)。
ここではアメリカのニューヨーク州に拠点を構える団体ASPCAについて説明している。
ASPCAは非営利団体であり、行政からの資金は一切受け付けていない。団体は全国の支援者からの寄付金によって運営されている。管轄はニューヨーク州で、州法の動物虐待防止法に則られている。
一般市民からの通報を情報源とする。動物に関する事件(虐待、死体放置など)を取り扱い、必要ならば、事件の加害者を逮捕する。危険を伴う捜査と判断された場合、地元警察に協力を要請することがある。運営はこれらの取り締まりだけではなく、ペットの躾やカウンセリング、またペットの里親探し等の広報活動など幅広く行われている。
アメリカ国内ではニューヨークの他、マイアミの動物警察が有名であり、アニマルプラネットではこのASPCAの活動が番組として放送され大人気である。日本でもSKY PerfecTV!等で観覧可能。

のように、ASPCAは支援者からの寄付金で運営されており、そりゃもうデカイ組織だから、皆お給料を貰って働いている職員だ。

ひろしまドックパークのレスキューでも寄付金の使われ方が、人それぞれの考え方で、どう使われるか心配されている方も多い。
私は、寄付を出した時点で、その相手に全てをゆだねたのだから、犬を救うという目的であれば、ひろしまの犬であろうと、これから先レスキューされる犬であろうと、シェルターに使われようと、またそこの職員の給料になっても何の異論もない。
もししまったっと思っても、その時の自分の判断が悪かったのだ。
とまあ、支援金の使われ方については、また別の機会としたい。

今回、広島ドックぱーくの署名活動で、「日本にアニマルポリスを誕生させよう!!」の運動をされていることを知られた方も多いと思う。
私もその少し前に、教えていただいた。

同じ考えを持たれているkanakoさんは、もうそれは何十キロも先を歩かれている先駆者だ。
私が、ぼやぼやと考えているよりは、その賛同者の一人となって、kanakoさんの協力、支援をしていく方が少しでも(ホントに少しだ)、流れの一つとなれると思う。
ということで、できることの第1歩としてアニポリさんに参加させてもらうことにした。
しかし、私で、1785番、この数ちょっと少なくない?

レスキュー団体のネットワークも、例えばアメリカのASPCAのような役割を、「日本にアニマルポリスを誕生さえよう!!」さんが、担われて、支援者が会費を払い、会員同士のネットワーク作りをしたらどうなのだろう。

        
[PR]

by pareana-club | 2006-11-11 12:23 | レスキュー

言葉変換『もんじろう』用アイコン わんこに幸せブログin愛知   

2006年 11月 10日

支援物資のお願いがアップされています。

 祝!里親さん決定!フローちゃん、ハッピーくん
レスキューをしようとしているワン6匹のうち、2匹のワンに里親さんが見つかりました。

コンタ、フェリ テンテ ウルーの4匹が 優しい里親さんをお待ちしていますよ。
--------------------------------------------------
ひろしまドックぱーくの大型レスキューもあれば、こんなレスキューもあるんです。

猫ちゃん1匹を飼っていらっしゃるだけで、ご自分には飼う余裕がない。
それなのに他のワンちゃん達を幸せにする行動を起こせるのですね。
何も出来ないと自己憐憫にふけっている自分が恥ずかしいです。
わんこに幸せブログin愛知
6年間も辛い飼育環境にいる犬たちに幸せな犬生を一日でも早く過ごさせてあげたいと里親さん、一時預かりさんを募集しています。
[PR]

by pareana-club | 2006-11-10 14:15

言葉変換『もんじろう』用アイコン 今後の保護活動にネットーワークは必然では?   

2006年 11月 09日

リンクをお願いした方にご迷惑をおかけいたしました。
申し訳ありません。(リンク先を削除しました。)
----------------------------------------------------------
ひろしまドックパークのレスキューを知ったとき、少ない情報の中から、やはり自分が飼っている犬種、イングリッシュ・コッカー・スパニエルが居るのではないかと、目を皿の様にして探しました。
他の方も自分の飼っている犬種が気になられたのではないでしょうか。

アーク・エンジエルズさんがレスキューに入られたとき、Happy Labsさん、ラリーズカンパニーさんを始め、単犬種の保護団体さんもレスキューの協力を申し出られたようです。
私自身、あれだけの数の犬のレスキューなのだから、日本中の保護団体が出来る範囲内でも手分けして保護するものと思っていました。

これからの日本の保護活動を考えても、小さな個人での活動では限度もありますし、アニマルポリスの制度を設立するためにも、保護団体のネットワークが重要な課題となると思うのです。
[PR]

by pareana-club | 2006-11-09 21:54 | 広島ドックパーク崩壊