言葉変換『もんじろう』用アイコン カテゴリ:お勉強したこと( 10 )   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 当たり前なのに迷子札ってなかなかね。でも…   

2009年 11月 26日

イングリッシュ・コッカー・スパニエルの保護活動をしている、
ECSRNのお手伝いをしていますが、私の主たるお仕事は巡回です。

巡回班というのは、全国の里親募集サイトや保護センター等のHPを何人かで分担して、
定期的にチェックし、イングリッシュ・コッカー・スパニエルが里親募集されていないか、
保護されていないかを見て廻っています。

いつも里親サイトや迷子サイトの巡回をしていて、気になっていたのは行方不明になってしまった犬を探している飼い主さんの多いことでした。

行方不明の犬を探している飼い主さんは、どなたも犬のことを心から心配し、なんとか探し出そうとしています。

大事な犬が、なぜ行方不明になってしまったのか。


・庭に出していたらいなくなった。
・ドアの隙間から急に飛び出していった。
・公園で散歩していたら、他の犬に追われて
・雷におびえて
・車の窓を開けていたら

特に気の毒にと思ったのは

「交通事故で車が横転し、割れた窓から驚いて逃げた。」

もちろん、完全な注意をし、ノーリードを避ける等をしていれば、防げていたことも多かったことでしょう。
しかし、それぞれの方、きっとその方々なりの注意はしていた予想外の出来事だったとも思います。


先日、
   「真に動物を守る法律へ」・2011動物愛護管理法見直し改正にむけて・ 

とういうシンポジウムを講聴してきました。

各講演者それぞれの色々興味深いお話を伺ってきたのですが、
地球生物会議ALIVE代表の野上さんのお話の中の一つに迷子犬に関することがありました。

行政の施設に収容される犬のうち、2007年のデータでは、

飼い主持ち込みの犬が、      43,552頭

所有者不明の犬の引き取り等が 89,193頭

と、所有者不明の引き取りが飼い主持ち込みの約2倍となっているそうです。

その飼い主不明の引き取りのうち、飼い主がわかって返された犬の数は、15,747頭。

なんと、返還率は全国平均で  18.8%

少ない!!
飼い主さんのもとに帰れるのは、20%にも満たないのです。

飼い主さんは、必死で探しているのに、なぜ巡り会えない?

巡回して、迷子サイト等を見ていても、「見つかりました。」の嬉しい報告は残念なことにとても少ないです。



迷子になっても、行方不明になっても、なんとか巡り会える一つの手だて、

でも大きな手だては、

                迷子札

連絡先が判れば、保護してくれた所から連絡してくれる手段ができます。

当たり前、判りきったこと、

家は絶対に目を離さないし、ノーリードにもしないから大丈夫。

って、私のことでした。

判りきっていても、みんな、全飼い犬が付けていないのが現状なんだと思います。

つけていれば、飼い主さんの所にもどれた犬ももっとずっと多かったはず、それは絶対に。
[PR]

by pareana-club | 2009-11-26 00:44 | お勉強したこと

言葉変換『もんじろう』用アイコン ペット法学会設立10年記念講演・シンポジウムで印象に残ったこと 1   

2008年 11月 09日

今日、「ペット法学会設立10周年記念講演・シンポジウム」という会に行ってきました。
広島DPで知り合った人たちで作ったDANPという会のメンバーからの情報で知ったものでした。

「ペット法学会って?」と聞かれても私も今回始めて知ったので、その内容を十分知っているわけではないんですよ。

案内には、
 
「ペット法学会」は、ペット動物に関する法と政策を研究し、その成果を社会に 還元することを目的とし、獣医師、法学者、弁護士を中心に、1998年11月 1日、正式に発足し、本年、満10年を迎えます。

 この10年ほどペット問題が社会の注目を集め、「激変」といっても過言でない 大きな変化を遂げた時代は過去に例を見ません。ペット法学会の設立もその要因 の一つにあげられるでしょう。その設立10年を記念し、ペット法学会の活動を 広く知っていただくため、会員外の皆様も参加できる記念シンポジウムが大阪で 開催されます。

2年後の動物愛護法の改正、集合住宅における動物飼育の問題、各地で論争が絶 えない野良猫問題…条令・法律は私たちの身辺を取り巻いており、知る、学ぶこ とで賢く対処することの必要性を痛感する昨今です。

ペットをめぐる重要問題について、この10年にどのような変化を生じ、法律 がその変化にどのように対応してきたかを振り返るとともに、そこから見えてく る将来的課題を展望する内容となっております。
関西における開催という稀な機会です。皆様お誘い合わせの上ぜひご来場下さい ます様、ご案内申し上げます。

関心のある方はどなたでもご参加下さい。参加は無料です 

ということでしたので、「どなたでも」に該当する私も参加してきました。

講演してくださった先生方、無知な私は全く存じ上げない方ばかりだったのですが、
後で少し調べると、各分野で特にペットのために尽力されている怱々たる方々でした。
各方々、ご自分の携わっている分野において、テーマである「ペット、この10年」に従った講演をされたわけであったが、テーマが大きすぎて内容がいささか散漫になってしまったきらいはあったが、興味深いお話も多く聞くことができました。

聞いたお話の中で、面白かったり、印象に残ったことをほんの少し。

まず最初は、(社)日本獣医師会職域理事のお話の中で、
(ノートに書き留めたことからなので、言葉全てがその通りではないことをお断りしておきます。)

「多様化する家庭動物医療において、法的に整備された『獣医師以外の資格者の不在』という問題も大きな問題である。」
ということから、動物病院における動物看護師に関して重要と思われる発言がありました。

人間だったら医療に携わるものとして、医師だけではなく、他にも数多くの資格をもった人間が携わっているが、動物に関しては獣医師のみが公的資格者として携わるのみである。
動物好きで、2年にわたる勉強を重ね、動物看護師として働着始めた人が、10年以上働く人が何人いるのか?
低賃金、勤務時間の多さ、待遇の悪さ等から、現在高校卒業時の進路指導で勧めなくなった職業となっている。
この10年のこのことを放置してきたことが悪かった。

動物看護師の団体を早急に作るべきだ。
しかし獣医師が中心になって作るわけにはいかないので、働きかけ、協力を行ってこの数年の内には作りたい。

獣医師だけではなく、動物看護師の力があって動物医療は寄り良く成りたつものだと強く言われていました。


と、ここまで書いて、ふと思いました。
「今まで、日本に動物看護師の協会がなかったの?動物看護師のことぜんぜん知らないし。」

調べてみると「日本動物看護学会」という所が、認定試験を行っているようですね。
会員も募っているし、でも看護師の地位や資格の向上を図る協会ではないのでしょうか?
出だしより、トーンダウンしてまいましたね。
でも今までそういう所が無かったというのがおかしいし、是非協会ができて発言力を強くして、動物看護士の待遇が少しでも良くなることを願っています。
[PR]

by pareana-club | 2008-11-09 00:17 | お勉強したこと

言葉変換『もんじろう』用アイコン 除虫菊 その2   

2008年 08月 02日

除虫菊の殺虫成分であるピレスロイド類(除虫菊に含まれる有効成分の総称なので類とつく。)ピレトリンが、なぜ殺虫効果があるかといえば、
これがちょっと理解不能の部分多々なのですが、

昆虫類・両生類・爬虫類の神経細胞上の受容体
(外界や体内からの刺激を受けとる器官や細胞、分子のこと。)に作用し、
Na+チャネルを持続的に開くこと(?)により脱分極を生じさせる神経毒である。

なのだそうです。
ここの脱分極というのは、細胞の、中と外のプラスマイナスバランスがとれいて正常な状態なのを、そのバランスを壊して細胞を破壊してしまうということ…。

この毒性が、昆虫や両生類、爬虫類、魚類ぐらいのものには効果的なのですが、犬や猫になると安全性が高いといわれています。

ということで、なめくじの運命は、ナメクジにとってはお気の毒な結果になったと予想される結果となりました。

ただ、天然だから安全であるとは言い切れないのは、植物でも有毒は有毒、、トリカブトや夾竹桃、エンゼルトランペット等と毒性が高い物はたくさんあります。

現在では天然ピレスロイドのピレトリンでも、直接塗布でアレルギーを起こすことが判っていて、もちろん大量という条件ではあるけど、最悪死に至ることもあるそうです。

そういえば、現在でも合成ピレスロイドのアスレンを含んだ犬用のノミ取り粉が発売されてます。
これは合成ですが、どうなんでしょう…。

使用者に対する注意で、

使用に際しては、ゴム手袋、マスク、メガネ等の防護具を着用してください。
皮膚又は衣服に付着したときは、石けん等でよく洗ってください。
アレルギー体質等で、本品に触れて刺激を感じた場合には、使用を中止してください。
万一、身体に異常を来した場合や誤って薬剤を飲み込んだ場合は、直ちにピレスロイド系の殺虫剤を使用した旨を医師に申し出て診察を受けてください。

犬のノミを取るのに、人間はゴム手袋、マスク、眼鏡等の防護具着用って、これで安全なのか疑問がわきまくりです。

のみ取りの首輪の主成分も同じく合成のピレスロイドということも、今回初めて知りました。

合成か天然か判りませんが、ピレスロイドの入ったシャンプーで洗った犬が死んだという事例もあるとのこと。
カルフォルニアでは、対象使用されているピレスロイドが河川に流れ込み、生物の生態系を大きく破壊しているので使用が制限されるという事態を招いているようです。

天然ピレスロイドがなぜ、安全性が高いと言われるかというと、毒性の対象が限られていることと、その成分が光や空気酸化によって直ぐに無くなってしまうことにあることです。
ゆえに毒性が作用するのが短いという、昔は欠点だったところが、今では利点となり、農薬として見直されているようです。
最近、除虫菊成分の蚊取り線香とともに、除虫菊でできた害虫退治粉末もあるようです。

が、農薬と書きましたが、例えば有機農法で使える農薬は厳しく規定されていて、除虫菊でてきた乳剤は農薬として認められているけれど、除虫菊粉末は農薬と言ってはダメなんですよね。
除虫菊粉末は農業資材という扱いです。
農業資材である、除虫菊粉末、特定農薬めざして頑張ったのですが、結局認められませんでした。

またまた、話は逸れますが、この特定農薬とは何者?

平成14年に、無登録の農薬の製造や使用を禁止する法律ができました。
でもなんでもかんでも農薬登録を義務づけると、過剰規制となることを危惧して、

農作物の防除に使う薬剤や天敵で、安全性が明らかなものにまで農薬登録を義務付ける過剰規制とならないように、特定農薬という仕組みを作りました。
無登録農薬を禁止するために必要な制度上の仕組みであり、新たな規制を持ち込むものではありません。
なお、この制度の趣旨を分かりやすくするために、特定農薬を「特定防除資材」と呼ぶこともあります。

(農林水産省HPより)

この特定農薬が決定される際、検討されたのが、
天敵、食品、植物抽出液(ここに除虫菊粉末がでてきます。)、微生物等ですが、

アイガモ、アヒル、ウシ、コイなどは、作物も食べてしまうし、もともと農薬ではないので特定農薬の検討対象から除外され、(それ以上に「アイガモが農薬?」という世の中の声を避けたとも言えるらしい。)、雑草抑制シ-トも農薬ではない、木酢液は効果がない上使用者に対し危険ということで、対象から外されました。
特に除虫菊は「食品中の残留農薬基準が設定された成分」なので避けられました。

ということは、「安全なはずなのに食品に残留する可能性があるの?」という疑問が…。

結果、重曹と食酢、地場で生息する天敵のみ特定農薬に指定することが適当であるとされました。

他の多くのものは判定保留中です。
大山鳴動して鼠一匹、お疲れ様。

知りたくて調べていくと更に疑問が倍増していくので、困ってしまうのですが、
除虫菊粉末は、農薬に指定もされていない、有機農産物に使える農薬でもない、特定農薬でもないのに
農業資材としてなら使用できるの?できないの?

はてさて、最初の疑問である、

「除虫菊を植えておいて、虫除けとして、効果があるのか?」

除虫菊の殺虫成分は、花が満開の中心部に一番多く含まれている。
花の中で虫が死んでいた。
茎や葉にも少しは含まれている。
蚊取り線香は、揮発してその効果がある。
除虫菊を育てるのに、ダニ除けをする必要がある。

昔、除虫菊を育てていた地域の人からの、虫除けの効果があったという言葉があった。
和歌山の除虫菊で未だに蚊取り線香を作っている会社のHPでは、和名の「シロバナムシヨケギク」の由来通り、庭や畑の縁に植えておけば虫除けになると書いてあった。
キンチョーにHPでは、そのままでは殺虫効果はないと書いてあった。

殺虫効果はないが、忌避効果はあるのか。

どなたか、お庭に大量にシロバナムシヨケギクを植えて、効果をためしてください。

最後まで読んでくれた方、ありがとう。
[PR]

by pareana-club | 2008-08-02 03:10 | お勉強したこと

言葉変換『もんじろう』用アイコン 防げることなのに   

2008年 02月 24日

いつもは出ないのに。
今日にかぎって。


・・・事故にあった子の飼い主さんって、みなさん、そう言われるんですよ。

可能性は0ではないのだから、過信しちゃいけません。。。

と、自分んちも気をつけなければいけませんね。

ちなみにこの子は、交通事故2回目です(汗)。
だから、懲りない飼い主に怒り心頭。


ウーパールーパー(「うぱるーむ」)からお知り合いになった、ティアラ姉(=ゆずママ)さんは、犬のゆず、すだち、猫のりん、まりもちゃん達、ウパやカエルやお魚さんや、全メンバーをあげるのが大変なくらい沢山の生き物のお世話係であると共に、動物病院のAHT(動物看護士)でもあります。

ゆずママさんのブログ、「むんぷんのしっぽ」では、時々そのお仕事で直面する様々な場面が語られています。

実は動物病院のAHTさんが、患畜さんの状況でこんなに一喜一憂…、心を痛められているとは思っていませんでした。

特に、飼い主がちょっと知っていたら、気をつけていたら避けられていたかも知れない、動物たちの事故、病気。

昨日もやっと入院の子が退院~と思ったら、交通事故のワンちゃん。。。
外傷はたいしたことないものの、頭を打っていて神経症状が出ています。
助かるといいな。
助けたい。

一言、言っていいですか?
言っちゃうけど。

飼い主が防いでやれることはたくさんあるんですっ!!

怒り、悲しみ、同情、哀れみ・・・いろんな気持ちがグルグルと混ざりあって、胸の中に黒いバターができそうです(-_-"l)



何故…、どうして?


その疑問と怒りの無限ループから抜け出すことができない、無力感にさいなまれながらも、ゆずちゃんやすだちちゃん達に力を貰いながら、日々動物達の命に立ち向かっています。

飼い主が
知っていたら、ちょっと気をつけていたら、

それだけで苦しまずに、死なずにすんでいたかもしれない。
そんなことがたくさんあります。

私自身、知っているつもりだったんですよねえ、誤飲、誤食が危険なことくらい。
掛かりつけの美容師さんのジャックラッセルテリアもゴムボールを食べて開腹手術をうけました。
身の回りに誤飲、誤食事故が多いことが、逆に当たり前のように受け入れてしまっていました。

でもゆずママさんのこの記事を読んで   ペットの異物誤飲

でも、こうした手術までにいたる子の飼い主さんがよく言われるのは「この子、何でも食べちゃうんです~(笑)」・・・なんですよ(怒)

どうして何でも食べちゃう子を、何があるかわからない場所に放しちゃうんでしょうね。
どうして何でも食べちゃうのに、留守番中、自由にさせているんでしょうね。
どうして何でも食べちゃうのに、おもちゃなどを預けっぱなしにするんでしょうね。
どうして・・・どうして・・・・・・防げることなのに・・・。

先日はバスタオルをちぎって食べてしまって、亡くなってしまった子がいました。
普段から、ちぎって食べていてウンチに出てくるので、そういうものだと思っていたらしいです。タオルを入れないと、鳴くのでかわいそうで入れていたそうです。
飼い主さん、泣いてました。
かわいそうだと思いました。

でも、防ぐことはできたはずですよね。


注意することで避けられる事故を防がない飼い主、自分自身の罪を、改めて突きつけられました。
a0045636_3112628.jpg

リューもタオルや毛布をビリビリにして、食べるんです。

口に入れたら危険な物は、動物のそばにおかない。
  危険な物、これが危険と認識出来ない物が案外あるんですよね、
  そこが危険たるゆえん。

犬や外には猫はノーリードで外には出さない。
  猫は外を自由に歩くのが自然?本能?
  それって、何時の時代の話?

知っていることで防げる事故や病気なら、知らない人に伝えることで1匹の苦しみを避けることができるかもしれないですよね。
沢山のあたりまえを、そうでない沢山の人の当たり前にしていけば防げることもあるかもしれない。

犬の場合は散歩中の拾い食いによる異物誤飲がよくあります。
ほとんどが飼い主が気づいた時にはゴックンしてしまった後だったりするので、「何を食べたかわからない」とおっしゃいます(TωT`)

これが一番困る!

何かわかっていればすぐに処置できるんですけどね。

まだ腐った食べ物であれば、食あたりですみますけど・・・食べ物じゃないかもしれないし、毒物かもしれないし(>_<)

要は拾い食いさせないことが一番大事!
これにつきます☆


と、我が家的拾い食いのしつけ

で、拾い食いを避けるトレーニング方法のひとつを教えてくださっています。

これもリューも苦労したんです。
散歩の時、リューより先に落ちている物を発見しなければいけないので、歩いて行く先を、目をサーチライトのように光らせて見ながら歩いたものです。

しかし、まだまだ不十分(…見栄入ってます、現実は全く不十分)な状態なので、反省しきりです。

太字の部分は「むんぷんのしっぽ」さんからの引用文です。
ゆずママさん、ありがとうございました。
[PR]

by pareana-club | 2008-02-24 03:20 | お勉強したこと

言葉変換『もんじろう』用アイコン 行きたいのに   

2007年 11月 11日

11月24日に面白そうな講演会があります。
残念ながら、こういう時に限って他の都合とかぶってしまっており、私は参加することができません。
オリバーさんのお話を直にお聞きする機会なんて、そうありませんからね。残念。

アニマルレフージ関西『ARK』
 
 ~悪徳ブリーダーをなくそう~

ブリーダーの現状と動物愛護法の問題、法的告発に関しての現場の活動に関する講演会です。

  ◆11月24日(土) 開場 13:00
               演会 13:30~17:00
  ◆ドーンセンター4F 大会議室
    (大阪市中央区大手町1-3-49)
  ◆講演
   ◎佐賀のブリーダー
    ~経緯と動物愛護法の問題点~
    ARK代表 エリザベス・オリバー
   ◎動物愛護法について
    ~実際にどのように活用するのか~
     地球生物会議 野上ふさ子
   ◎悪徳ブリーダーの告発
     植田法律事務所 弁護士 植田勝博
  ◆参加費 500円(要予約:定員72名)
    申込:アーク事務局
  
   参加するには予約が必要です。
   詳しくはARKのホームページでご確認ください。
[PR]

by pareana-club | 2007-11-11 23:27 | お勉強したこと

言葉変換『もんじろう』用アイコン E.COCKER NET主催の関西オフ会   

2007年 08月 22日

a0045636_0324354.jpg

18日の土曜日、イー.コカネット(E.COCKER NET)主催の関西オフ『ドッグカフェ ランチ+ワンポイント躾』に行ってきました。

犬同伴でドッグカフェでランチしながら、JAHA公認インストラクターに
ワンポイントアドバイスをしていただくというオフ会でした。

飼い主それぞれが自己紹介を兼ねたお悩みを発表したり、
陽性強化のトレーニングの基礎のレッスンなど、
短い時間でしたが内容豊富な時間を過ごすことができました。

お料理も、オードブル、冷たいパスタ、メインというランチとしては、充実したものでした。
食事の間中、殆どのE.コッカー達、クレートの中や椅子の脇でお行儀良く、お利口さんに大人しくしていました。
みんなそれぞれお悩みはあるものの、良い仔ばかりです。

しかし、わたくし、犬がいると、どの犬でもかまいまくり、触りまくりの様子をしっかり見られ、

「△◇さん、犬かまいすぎ!!」とインストラクターに指摘されました。

ズバリ、その通りです。
構い過ぎのため、リューもなかなか自立できず、分離不安傾向も克服できない大きな要因となっていることを見抜かれてしまいました。(汗)
[PR]

by pareana-club | 2007-08-22 00:52 | お勉強したこと

言葉変換『もんじろう』用アイコン 仕方がない、それで片付けられない   

2007年 02月 12日

厚生労働省の「愛玩動物の衛生管理の徹底に関するガイドライン2006 参考と解説」(31P)によると、ブルセラ・カニス(犬ブルセラ症)が日本に入ってきたのが、1970年頃。

海外からの繁殖犬によって持ち込まれたということだ。

現在、犬の数%がブルセラ・カニスに感染していて、今回和泉市の100頭を越える陽性犬が殺処分される決定が行われるほど危険なら、今までどういう感染予防が施行されてきたのか。

私自身、今回のことで初めてブルセラというものを少しは知ることとなった。
ブルセラ症(B・canis)は、繁殖者にとってはそれは恐ろしい病気だと思う。
一旦発生し、繁殖犬すべてに移ったら、繁殖業そのものが壊滅的打撃を受ける。

あるブリーダーの方は、絶対罹患するようなことはしないし、万が一、自分の犬が罹患したら淘汰すべきであり、自分の手で殺すと書かれていた。
ブリーダーとしては、ご立派な覚悟で正論であると思う。

しかし、日本のどれだけのブリーダーがこれだけの覚悟とそれに伴う注意をもって繁殖を行っているのであろう。

今回のような事態になることが、陽性犬達が殺処分という決定が下される前に、この犬達がこんな状態にならない手だてが打たれてきたのだろうか。

ブルセラ・カニスの感染が危険というなら、なぜ、飼い犬全頭、毎年キャリアかどうかの検査を義務化しない?

それ以上に、繁殖する際は、必ず前検査としてブルセラ・カニスのキャリア判定をなぜ義務化しない?

ブルセラ・カニスは今回のように劣悪な繁殖場で感染犬から感染することもあるが、感染犬との交配によって広まっていったほうが多いと判断されるのは当然であろう。
感染した犬から取りあえず無事に生まれた子イヌはキャリアではないのか。

ある獣医師のブログには、ブルセラについて
「国家試験で勉強して以来、お目にかかったことがない。」とあった。

調べるほど、ブルセラ・カニスについて、知ることができるところが少ない、正しく詳しくかいてあるところが少ないと感じた。
書かれているところのソースが殆ど同じで、データもあいまい。

知っているべき保健所、獣医師等でも、羊、豚、牛、犬のブルセラが混同されている。

静岡県のどうみても犬のブルセラ症のQ&Aには、
>Q 人の感染経路にはどのようなものがありますか?
>A 非加熱の生乳やチーズの飲食や、感染動物との接触…

犬のブルセラ症の感染が、非加熱の生乳やチーズの飲食であるんですか?
単純な接触だけであるんですか?

ブルセラ症の発生件数も、犬ブルセラの所に海外で感染してきた他のブルセラ菌による感染数を書いているところが多い。

今回の件にしたって、11月にここの犬達がブルセラ・カニスに感染しているのは判っていたのだから、菌を世に出したくなければなぜその時に厳しい処置をしなかったのか。

大体、今まで日本でブルセラ・カニスに関してどれほどの研究がされてきたのか、相当疑問だ。
殺処分の根拠としても、アメリカでは感染犬は淘汰されているということがでてくる。

厚生労働省HP
  厚生労働省統計資料 我が国の動物由来感染症の患者数

 通達 
   静岡県内の犬繁殖施設におけるイヌブルセラ症の流行について
    (平成15年11月27日 健感発第1127001号)
   静岡県内の犬繁殖施設におけるイヌブルセラ症の流行について
    (平成15年11月27日 事務連絡)
   イヌブルセラ症の発生に関する対応について
    (平成16年1月14日 衛生第246号)
厚生労働省検疫所HP
厚生労働省 健康局 結核感染症課
[PR]

by pareana-club | 2007-02-12 03:18 | お勉強したこと

言葉変換『もんじろう』用アイコン ブルセラ・カニス(犬ブルセラ)は、細菌兵器となりうるか ①   

2007年 02月 10日

ブルセラ症が語られる際、必ず「生物兵器として使用された恐ろしい細菌」という枕詞がついています。
本当にブルセラ・カニスが生物兵器となる細菌なのか考察してみました。

ブルセラ症とひとくくりに呼ばれていますが、ブルセラ属といって、7種類程の細菌がいます。
その中で人間にも感染する4種類がブルセラ症の細菌と言われています。
その4種類は、主に感染する相手によって分かれています。
人に感染して一番重篤な順に
1.Brucella melitensis ブルセラ・メリテンシス (羊・ヤギ・シカに主として感染)
2.Brucella suis  ブルセラ・スイス     (ブタに主として感染)
3.Brucella abortus  ブルセラ・アボルツス  (牛に主として感染)
3.Brucella canis  ブルセラ・カニス     (犬に主として感染)

ブルセラ症がどんな病気かの詳細は省きますが、発熱、発汗、頭痛、背部痛、体力消耗といった風邪に似た症状を現し、それがなかなか治らず、症状を繰り返す。
長期間に渡って発熱の繰り返しや関節痛、疲労感を持続する。
その症状から「波状熱(undulant faver)」の別名があるそうです。
また男性の睾丸炎、精巣上体炎を起こすこともある。
治療をまったくしない場合の死亡率は5%未満。治療の有無の記載が無く2%未満という表記もありました。
人から人への感染はありません。

感染経路としては三つあり、
第一は汚染された物の飲食。
菌が感染主を介してミルク、肉等の中にも出てくるのでそれらを殺菌せずに飲食する場合、最近では海外旅行での飲食が原因となることがあるようです。
第二に、皮膚の傷を通して細菌が侵入する。
直接胎盤等内臓に触れる機会のある解体者、酪農家や獣医師に発生をしやすく商業病的な疾患といわれています。
第三が細菌を吸入する。
細菌を培養するような検査室・実験室での事故。

ブルセラ症は、以前は「マルタ熱」(地中海熱)とも言われていましたが、現在では地名を病名とすることが避けられているようです。
「マルタ熱」は、地中海のマルタ島で、クリミア戦争の際兵士達が、未殺菌のヤギ乳製品の飲食をしたことで「地中海胃性弛張熱(マルタ熱)」を引き起こされたことがわかり、以来その病気のことが「マルタ熱」と呼ばれるようになりました。
このように一番菌としては重篤な症状をもたらす、ブルセラ属の中の羊・ヤギ等に感染するブルセラ・メリテンシスを「マルタ熱」と呼んでいたようです。

ブルセラ・スイス(豚流産菌)は、日本では1936年に輸入豚で発見され1940年以降、国内での発生報告はないそうです。

ブルセラ・アボルツス(牛流産菌)は、日本の牛では現在発生はなく、輸入された牛によって希にもたらせることがあるがワクチンも整備されています。

ブルセラ症は、感染症法4類感染症としての届出義務がありますが、届出は平成11年から平成17年までの間に3例ありました。
1例は、エジプトでの感染(感染経路不明、環境から吸入が疑われる。)
1例は、シリアでの感染(羊肉の接種が原因か?)
後1例は今の所、詳細は判りませんがいずれも海外での感染。
平成13年、ある市営動物公園で日本生まれのシベリアヘラジカの出産介助に立ち会った獣医師5人が、ブルセラ症の疑いがあるとされましたが、原因究明をした結果、オウム病であることが判明しました。

このように現在日本では人への感染例はブルセラ・メリテンシスにしても大変まれな病気といえると思います。

そしてブルセラ・カニス(犬に主として感染する)ですが、ブルセラ属のなかでは他のブルセラ症の原因菌に比べ人への感染する力はそれほど強いものではありません。
水道水で洗い流すだけでかなりの菌が死んでしまうということです。
しかし、一度感染すると菌は細胞の中に入りこんでしまい、薬が効きにくくなる、この点が大きな問題となっているわけです。

日本での現在の感染状況は、全国的調査で3~4%の犬が感染しているようです。
国立感染症研究所データ内資料によると、
K動物愛護センターより入手した犬の血液での抗体検査の結果、
平成15年度は102頭中3頭(2.9%)、16年度は115頭中6頭(5.2%)の犬に感染が認められました。
16年度の6頭中5頭は明らかにペットとして飼われていた犬ということです。

この数字から言っても、ブルセラ・カニスによる犬への感染が他のブルセラ属に比べ、現在の日本で希なことではないことが判ります。
ただ、これが以前からの割合なのか最近になって広まりつつあるのかは判断できません。
またこれだけの犬の感染率のなかで、人への感染報告が今のところ無いのは、この菌の人への感染力の弱さを現していいるとも思えます。
ただ人に感染していても風邪と思われたり、軽い症状で治癒してしまっている可能性もあるそうです。
ワクチンは今の所ありませんが、その発症の無さからつくられる要求がないことが原因のようです。

最近での犬のブルセラ症の集団発生例としては、
平成15年静岡県内の犬繁殖場で114頭中、51頭が抗体陽性が見つかりました。
また沖縄の繁殖場での発生で、で平成17年から18年1月にかけてプードル、パピヨン、ヨーキー、チワワ、8頭のブルセラ症が確認されていますが、いずれも治療を受けたようです。
[PR]

by pareana-club | 2007-02-10 09:30 | お勉強したこと

言葉変換『もんじろう』用アイコン ブルセラ・カニス(犬ブルセラ)は、細菌兵器となりうるか ②   

2007年 02月 10日

さて、生物兵器としてのブルセラ菌についてです。

生物兵器とは、病原微生物による病原性を利用して、人、動物、植物に害を与える兵器です。
現在厚生労働省では、生物テロとして使用されることの可能性の高い病原体・毒素として、炭疽症、天然痘、ペスト、ボツリヌス菌、炭素症の4種類が挙げています。

生物兵器としての条件は、
(1)大量生産が可能なこと
(2)生産法が簡単であること
(3)殺傷力が強力であること
(4)敵にに防御法がないこと
(5)何を使ったかの検出が困難なこと
(6)潜伏期間も武器になること
(7)安定性に富むこと
(8)体内への導入がいろいろなルートから有効なこと
(9)爆弾、砲弾、ミサイル弾頭に入れても適地で爆発したときの熱や高圧の衝撃に耐えうること。
  (以上、特別寄稿:生物兵器  出典:海外医療 (2002年3月号)より 引用)

ブルセラ菌が生物兵器として使用された歴史ですが、
1950年と1951年にユタ州のダグウェイの実験場で、生物兵器爆弾の野外実験が行われました。
その時ブルセラ属菌爆弾がB29から投下され、300匹のモルモットで効果が確かめられました。
アメリカでは1969年、ニクソン大統領により攻撃的生物兵器開発の中止が決定されています。
アメリカ以外にもブルセラ属菌を生物兵器として研究している国もあります。

ブルセラ属菌による生物兵器としての効果は、殺傷能力と言うよりも、繰り返す熱等の風邪に似た症状を繰り返し再発することより、兵隊達の戦意消失、戦えない状態にする目的にあるようです。

このようにブルセラ属菌が生物兵器として実験された歴史があるわけですが、これらに使用されたブルセラ菌はブルセラ・カニス(犬ブルセラ)ではなく、ブルセラ・メリテンシス(羊、ヤギ)、もしくはブルセラ・スイス(豚)と思われます。

生物兵器として利用、研究される目的となる微生物は、上記4種類以外にも多くあります。
また過去に生物戦のために製造、研究された天然毒には、貝毒、ヘビ毒、クモ毒、カビ毒までも含まれます。
特に生物兵器は植物もその目的になりますから、穀類の黒さび病、稲のいもち病も生物兵器となりうるのです。

さてブルセラ・カニス(犬ブルセラ)を、生物兵器として過大に問題視して良いものなのでしょうか。
ブルセラ・カニスが生物兵器として利用されるには、生物兵器の重要条件である、人への感染力の強さが必要という点で、大きな欠点があるからです。
またその感染の症状も、生物兵器としての目的を達するほどの重篤な効果があるとは思えません。
今、犬のブルセラ症が話題になっている中、「細菌兵器として利用された」という表現が犬ブルセラを指すに際しては適当ではないと思います。

これは、ブルセラ・カニスを軽んじても良いということではありません。
あくまでも、生物兵器としてブルセラ・カニスを論じることで、より恐れる必要はないという私の判断です。

《参考サイト》
  横浜市衛生研究所 感染症・疫学情報課 
 国立感染症研究所 感染症情報センター
  大阪府環境農林水産部動物愛護畜産課
  徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部附属動物実験施設
  おおり医院 医療情報サービス
[PR]

by pareana-club | 2007-02-10 09:22 | お勉強したこと

言葉変換『もんじろう』用アイコン 分をわきまえること   

2006年 09月 06日

火曜日、仕事を休んで東京まで家庭犬躾インストラクター養成講座、今回は飼い主への教え方、コミュニケーション手段等の講習を受けに行ってきました。
朝10時から、夕方5時まで、休憩時間はあるものの、集中、緊張したままの講習でなかなかハードでした。
先生はさすが、トレーニングのプロで、人間にも犬に対すると同様のテクニックを使い、聴講生の意欲を高め集中を切らせない講習でした。

講習のやり方そのものが、トレーニング方法の教えともなっており、やることに全く無駄がありません。
判りやすく、相手にして欲しいことをどう伝えるかの様々な方法を授業そのものでも教えてくれます。

例えば、質問に対する答えをした人には、ご褒美がもらえます。答えるとき判る人は挙手するのですが、そこは日本人のこと手を上げようかな、どうしようかなと周りの様子を伺って、中々挙手をする人がいません。
すると、先生、挙手を求めてから3秒以内有効ルールを申し渡します。
犬もほめるのは3秒以内、適切な瞬間を逃してはいけない、答えるチャンスも同じということです。
それからは、挙手までのスピードが抜群に速くなりました。

色々印象に残ったことがあるのですが、飼い主とのカウンセリングのデモンストレーションの際、最初は練習ですから相談者もトレーナーが扮した仮の相談者と思って見ていたのですが、これが本物で相談内容も相当深刻なものでした。
そのことについてはまた別の機会にふれたいとは思うのですが、その最後で先生のコメントが興味深いものでした。
「皆さんは家庭犬、ペットのトレーナーを目指しているのであって問題行動のある犬は扱えません。このような咬む問題のある犬を扱ってはいけません。問題行動の専門家にまかせなさい。
この講座のなかでのトレーニングの一部ではある程度問題をなくすことはできますが、治まってくると必ず飼い主は管理を弛めます。そうするとまた必ず咬む等の問題を起こします。」と、正確な言葉ではありませんがお話になりました。
きちんと、トレーナーのできること、できないことをわきまえることが大事ということです。

トレーナーについていたのに全く問題が解消しない、かえって悪くなったと良く聞きます。
勿論、トレーナーがいかに優秀であろうと、飼い主がトレーナーの指示を全く理解せず、指示に従えない場合はいうまでもありませんが、トレーナーそのものの自分の手に負えないケースを手に負えないと判らず、状態を悪化させる場合も多々あるのではないかと改めて思わされました。

ご褒美にいただいた「栞」
a0045636_2354692.jpg

ドキドキしながら手をあげ、それなのに後で的はずれな答えだったと、一人赤面しました。
[PR]

by pareana-club | 2006-09-06 23:58 | お勉強したこと