言葉変換『もんじろう』用アイコン カテゴリ:リューとおでかけ( 13 )   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 姫路サファリパーク 1   

2011年 11月 20日

サラママが私だけ行ったことがないと、常々すねていたので、
「姫路サファリパーク」に行ってきました。

私だって、もう20年も前の娘の夏休みに、とりあえずどこかにということで行ったことがあるだけなんですけどね。

いつもながら、宝塚を通り過ぎるまでが渋滞し、三木SAでお昼になってしまいました。

三木SAにはお馴染みのドックランがあります。

初めてマズルガードを試してみました。
他のワンコがあまりいなかったのが残念だったのですが、
リラックスしてリューを見ていることができました。
a0045636_213610100.jpg
 
            「おばあちゃん、これ取って!」
a0045636_21365520.jpg
 

           「ダメか…。」
a0045636_21371134.jpg


            「くっついてないで、遊びに行きなさいよ。」
a0045636_21372734.jpg

               「やあ…。」       
a0045636_21375155.jpg

           「変なものつけてるから、不審な目で見られちゃったよ。」
a0045636_21382936.jpg


いつもながら、ドックランの中で私の後ろをついて歩くばかり、
私がベンチに座っていると引っ付き虫。
その上、マズルガードを取ってくれとお隣に座っていた女性にまで鼻をこすり付けていく。

もう少し、他のワンコがいればよかったかな。


三木SAのフードコートで昼食。

             「ぼっかけカレーそば」
a0045636_21421954.jpg

 カレーそばの上に、三木SAの名物である「ぼっかけうどん」と同じ「ぼっかけ」がのってます。
 「ぼっかけ」のせいか、かなり甘めのカレーそばでした。
「ぼっかけ」は最近のB級グルメ人気と共に台頭してきたのか、神戸長田あたりの「ぼっかけ」を三木SAの名物的なものにしているのでしょうか。
最近、各SAは色々頑張っていて、レストラン、フードコートはそれぞれの地方の特色を出した一品といったものがありますよね。

 ちなみに「ぼっかけ」は牛スジ肉とこんにゃくを甘辛くにこんだものだそうです。
 三木で食べたものは、スジ肉というよりもっとモツっぽかった気がしましたが、
 すべてが小さくトロトロに柔らかかったので、なんだかよくわからんというのが実感でした。

こちらは、サラママの食べた「かき揚げ丼」
a0045636_21423429.jpg

[PR]

by pareana-club | 2011-11-20 23:40 | リューとおでかけ

言葉変換『もんじろう』用アイコン リューと一緒に伊勢志摩旅行 ⑤   

2009年 11月 04日

間が開きすぎましたが、伊勢志摩旅行のまとめをしておきましょう。

伊勢志摩スカイラインを降りると、直ぐに内宮があります。
今回の旅行の目的はこのお伊勢さんにお参りすることでした。

サラママ、お伊勢さんの話題が出るたびに、

「私は、前までいっただけで中に入ったことがない。」

と常に言っていたので(それも色々いきさつがあって)、
一度は連れて行かなくてはと思っていたのです。

しかし、寒い頃ならリューを車の中で留守番させておくことができるのですが、
この時期にはとても無理。

お伊勢さんは、当然犬猫は参拝することはできません。
ただ、入り口の案内書の裏にいくつか犬小屋がおいてあって、その中に入れておけば預かってくれます。

しかし…、
リューが慣れない犬小屋の中でおとなしく待っているわけがありません。

事前に内宮に電話し、クレートを置かせてもらえるかと相談してみると、
実際にその時の状況でないとわからないので、行ってみてくださいといった返事でした。

当日は、近くの駐車場が混雑していたので、やっと離れた駐車場に車を止め、
私はサラママの車いすをおし、弟はリュー連れながら重いクレートを持ち、
混雑と暑さの中やっと内宮の案内所まで行きました。

「犬を預かっていただきたいのですが?」
犬の預かりは警備の担当らしく、ガードマンさんが
「はい、こちらの小屋にいれてください。」

「お電話でお話したのですが、クレートを預かっていただけないでしょうか?」

「それは、だめなのです。以前預かったときに、クレート(布製)を破って、
犬が逃げ出して、捕まえるのが大変だったことがあるので、それ以来あずかれません。」

という言葉を申し訳なさそうに繰り返されます。

そういうことがあるからこそ、布製ではなく重いハードなクレーとを持ってきたのに…。

「確かに犬小屋は、一々消毒等していないので、これに入れるのはちょっとという方は多いのですよ。」

「そうですか…。」

といった問答の末、
「じゃあ、あきらめます。」となりました。


少し離れたところで、

「どうしよう…。」

「私がリューと待っているから、行ってきたら?」とサラママ。

それじゃ、来た意味がないじゃない。

私も弟のキイさんも何度か参拝したことがあるので、私が、俺がと相談していたときに、


「もし、なんだったら、案内所の中に置いておいてください。
ただ、逃げだしても責任が持てませんけれど…。」
とガードマンさんが、見かねて声をかけてくださいました。

「ありがとうございます。頑丈なクレートですから、逃げ出しませんし、
慣れているので大丈夫です。」

となんとか預かってもらうことができました。

もちろん、リューはクレートに布を掛けた状態でおとなしく待っていました。


そうしてやっと、内宮参拝に出発しました。
a0045636_17425394.jpg

神社や、お寺の参道は玉砂利が敷かれているところが多く、この内宮もご多分にもれません。
車いすを押しにくいことこの上ない。とても大変でした。

結局、内宮は階段の先にあるのでサラママはその下で待つことになりました。
a0045636_1743280.jpg

それでもとりあえず参拝完了。

かわいい鶏たちが自由に過ごしています。
a0045636_17431576.jpg


参拝をすませ、リューを迎えにいってから、お伊勢さん門前のおかげ横町を歩いてみました。
a0045636_17451079.jpg

最近、どこの観光地に行っても寂れているところが多いのですが、
おかげ横町は沢山の観光客でごったがえしていました。
a0045636_1745143.jpg

混雑の中、クレートを持ち、リューを連れて歩くのはなかなか大変。
リューは割とおとなしく歩くのですが、他の人が周りに夢中で、犬に気がつかないので、こちらがより気を使わなくてはなりません。


「サラママがお店をみている間、僕はちゃんと待っているよ。
暑くて、参ったよ。」
a0045636_17461156.jpg


a0045636_17452862.jpg


「今度は、サラママと待ってるんだ。」
a0045636_1745187.jpg


リューとサラママが待っている間、並んでいたのは
「赤福本店」
a0045636_17455360.jpg

食べるのも買うのも凄い行列。

並んで買った赤福。
a0045636_17472510.jpg

デパートでも駅の売店でもどこでも買える赤福ですが、
ここでは作りたてのものが買えます。

もう、とても柔らかくて昔の味でした。

赤福は40年以上前、中学の修学旅行で伊勢志摩に来たときに、
作りたてをお店で食べたのが生まれて初めてでしたが、
「なんておいしいのだろう!!」と感激したのをずっと覚えていました。

また明日は買えるという日の夜に、赤福のお店の人がホテルまで注文を取りに来て、
翌朝作りたてをもってきてくれました。
そうしておみやげとして買って帰り、家で家族と食べた赤福は柔らかくとてもおいしいものでした。

それが、この何年か、デパートや駅で買う赤福は昔の味とは違うものでした。
お店が大きくなって中身が変わったのだろうと思っていたのですが、
以前の事件で、「やはり」と合点がいったものでした。

でも今回は、懐かしい修学旅行の時の味と同じものでした。


リューを連れて、暑い中昼食をとるのはなかなか難しいです。
おかげ横町は、犬OKとなっていましたが、お店の中に入るわけにはいきません。

困りながらあるいていると、ありました。
犬がいても大丈夫なところが。

青空、フードコートといった感じで、外に赤い毛氈こそありませんが、
縁台で買ってきたものを食べられる所がありました。

頼むのも行列。
番号札を受け取り、待つことしばらく。
a0045636_2157039.jpg


伊勢名物、「伊勢うどん」
a0045636_17463230.jpg

既に関西のうどんに慣れているので、この黒さにびっくり。
a0045636_17464468.jpg

色の割に、甘い感じで柔らかいおうどんでした。
この間、リューは大人しくクレートの中でした。暑かったけどよくがんばったね。

遅い昼食でしたがなんとかありつき、やっと帰路につきました。
[PR]

by pareana-club | 2009-11-04 23:01 | リューとおでかけ

言葉変換『もんじろう』用アイコン リューと一緒に伊勢志摩旅行 ④   

2009年 09月 16日

朝食を済ませて、早速二日目の目的地に出発。

ホテルから東に向かうと波切漁港につきます。
波切切漁港には、真珠のおみやげ物屋さんや干物屋さんが並びます。
大王崎灯台に向かっての急な狭い坂道の両側には昆布やわかめ、
干物のおみやげ物屋さんがひしめいて連なっており、風情のある風景が続きます。

サラママここでは歩行器を押しながら歩いて行ったのですが、
あまりに急な坂なので私も一緒に歩行器を押すのを手伝ってなんとか大王崎灯台が見える公園の下まで行ったのですが、公園にあがる階段の下でサラママはギブアップ。
私だけ、公園から灯台の写真だけとってきました。
a0045636_17404745.jpg

リューと弟は灯台まで行ったのですが、犬は入場不可ということで、がっかりして帰ってきました。

古くからあるという干物屋さんで干物を買ってみました。
a0045636_17405996.jpg


今日の夕方に大阪に帰るのだけど、暑いから氷をもらえるかと聞くと、
「それはわかっているから、ちゃんと大丈夫なように包装しますよ。安心してください。」

となりのかまぼこ屋さんで、かまぼこを買うなら一緒に保冷材を入れた発泡スチロールの箱に入れてくれるというので、かまぼこも購入。

たいした金額の購入でも無かったのに、帰って開けてみると本当にきちんと保冷剤が入っており、丁寧な包装でした。
それにその保冷剤が工夫されていて、500ミリリットルのペットボトルに水をいれて凍らせてあり、それを1本ずつ新聞で丁寧にくるんだものでした。
こういう方法もあるんだと、関心させられました。

港では、地元の組合の催し物があったり、波切周辺は絵描きの町といわれるほど坂道が風情があったのですが、写真をとる余裕があまり無かったのが残念です。

波切漁港を車で離れて直ぐに、私の携帯に弟から電話が…。
車を運転しているのが弟なのだから、電話がくるわけがないと、一瞬電話を切る。
「今、電話がかかったけど、かけるわけないよね。」
何かの拍子に、かけたつもりがないのにかかったことがるので、またかと思ったのですが。

それを聞いた弟は、
「電話がない、落としたかも!」

私が弟の携帯に電話をかけると、誰かがそれを受ける。
「あの…、その携帯の持ち主はここにいるんですが、その携帯、どこにありますか?」
「灯台の見える公園に落ちていました。」
「直ぐにもとりますから、何処で…。」
「漁協が催し物をしているところで、Tシャツに半ズボンです。」

あわてて、催し物をやっている横の駐車場にもどると、携帯を手に待っていてくださいました。
会社と共用の携帯なので無くなったら大変でした。
公園でいつもに増してリューが喜んで走り回りぐるぐる回ったのでそこで落としたに違いないと弟。
草が沢山生えていたので、良く拾っていただいたと感謝の気持ちでいっぱいでした。
なのに、結構パニクっていたので、お名前もお所も聞かず、ちゃんんとお礼ができませんでした。
もし、ここを読まれたらコメントでお知らせください。
 (って、無理ですよね。)


気を取り直して、鳥羽の手前にある新鮮魚介を扱っているというお店に向かいました。
しかし、そこは観光バス目当てのような、高いし、質も良くないしがっかりなお店でした。

またもや気を取り直して、伊勢志摩スカイラインを通ってお伊勢さんへ。

伊勢志摩スカイラインの展望台からは、天気と季節が良ければ富士山が見えるそうです。
a0045636_1741253.jpg


a0045636_17414962.jpg

リューも展望台を散策。
a0045636_1741407.jpg

向こうには、景色を展望しながらの足湯がありました。
a0045636_1742233.jpg

近隣を一週できる散策コースもあります。
a0045636_1742255.jpg

[PR]

by pareana-club | 2009-09-16 21:23 | リューとおでかけ

言葉変換『もんじろう』用アイコン リューと一緒に伊勢志摩旅行 ③   

2009年 09月 14日


ともやま観光ホテルではホテル内では無いのですが、
犬と泊まれるコテージがいつくかあります。

到着して一休み。
a0045636_17342110.jpg

ベランダから敷地を一望。
プールや一応プライベートビーチもあります。
a0045636_17343216.jpg

リューのクレートとおトイレを設置。
「シッコ、シッコ」のコマンドでできるので、部屋に入った時にさせ、
もう一度夜にさせたと思いますが、それ以外には排泄はしませんでした。
a0045636_17352035.jpg


「おばあちゃん、そろそろごはんですか?」

a0045636_17354040.jpg


どこで食べても、食欲は衰えません。
   「ガツガツ、ワシワシ」
a0045636_17354926.jpg

リューのご飯が終わったので、クレートの中でお留守番してもらい、
私たちは、ホテルまでマイクロバスで送迎してもらって、お風呂と食事に行きました。

ホテルは小さめで古いのですが、大浴場も食事も割と良かったです。
a0045636_1736310.jpg

食べきれる程よい量でした。
a0045636_17361353.jpg

コテージにもどって、のんびりリューとリラックスタイム。
家では、畳生活ではないので、私以外はリューと一緒にごろごろすることは殆どありません。
いつも以上に甘えてべったり。
a0045636_17362694.jpg


朝のお散歩 (リードはついてます。)
a0045636_1737431.jpg

敷地内のプール (宿泊するとプール券をくれました。)
a0045636_1737536.jpg


朝食は、またホテルまで行って、バイキング形式です。
a0045636_1738590.jpg

バイキングだと欲張ってしまいます。
ポテトサラダと間違って沢山とってしまった、写真の右上の方のもの何だと思います?


わさび漬けでした。
[PR]

by pareana-club | 2009-09-14 21:11 | リューとおでかけ

言葉変換『もんじろう』用アイコン リューと一緒に伊勢志摩旅行 ②   

2009年 09月 11日

新しい方のPCがBIOSのところからおかしくなってしまったのですが、
詳しいことはさていおいて、結局リカバリーすることになってしまいました。
それも、古い方のPCもほとんど同時にリカバリーする羽目に…。

写真だけ先に非表示でアップしていたつもりの⑤が見えていたりemoticon-0141-whew.gif

さてさて、なんとか復活するぞ!!


えー、二見シーパラダイスの後は、犬を敬遠せず快く迎えてくれる

         真珠島

a0045636_22232171.jpg



サラままは、暑い中長く歩けないので、車いすで行きました。
真珠島に渡るには、長い廊下状の橋を渡らなくてはいけないのですが、
その行程の中、エレベーターがなく、エスカレーターを利用しなくてはいけないので、
こその所は真珠島の職員さんが一緒にきてくださり、車いすの移動を手伝ってくれました。
お世話になりました。
その間リューもリードで一緒。
a0045636_222517.jpg

御木本幸吉さんの銅像の前を通りかかると、
職員の方が、「あそこに、犬用の水飲み場がありますよ。」
と声をかけてくださいました。
真珠島の中は、季候さえよければ、犬連れでお散歩も気持ちよくできそうです。
しかし、私たちが行った日は暑かった。

真珠島の施設の中も、レストラン等をのぞけば、ほどんど犬もOK。
真珠ができる行程を詳しく説明してくださる所も、リューと一緒に感心しながら楽しく見ることができました。

また、私とサラママが真珠のお店をのぞいている間も、とてもあつかったので、
リューも建物の中に入らせてもらいました。
でもいくら犬OKといっても、ほかにもお客様がいることなので、
そこでは人のいない端っこで、弟とおとなしくステイして待ってましたよ。

a0045636_22253323.jpg

ここの一番のお楽しみは、海女さんの実演。
a0045636_2226219.jpg

海の中から、あがってくると「ヒュー」という息継ぎの口笛がなまめかしく響きます。

鳥羽水族館は、クレートやカートに入れていけば、犬も一緒に入れるようです。
a0045636_22264222.jpg

遊覧船と真珠島の入場券のセットもありました。
a0045636_2227296.jpg




真珠島を見学した後は、いよいよ今晩の宿泊先へ。

山道を抜けてから、パールロードを進みます。
a0045636_17322687.jpg

パールロードを抜け、志摩市を南に向かい大王町にある「ともやま観光ホテル」が今晩の宿泊先です。
a0045636_1732427.jpg

リューと泊まったコテージ。
コテージの中の様子は次回に。


a0045636_17331318.jpg

[PR]

by pareana-club | 2009-09-11 23:48 | リューとおでかけ

言葉変換『もんじろう』用アイコン リューと一緒に伊勢志摩旅行 ①   

2009年 08月 12日

今更の言い訳は止めにして。

7月19日、20日の連休にリューと一緒に伊勢志摩に旅行に行ってきました。
リューと一緒のお泊りの旅行は2度目です。
ずいぶん時期がずれてしまいましたが、他の方の犬連れの旅行記はずいぶん参考になるので、
今回は私も記録しておこうと思います。

もう休みも近づいた頃、なんとなく検索していたら、間際になっているのに、
中型犬も一緒に泊まれるコテージ形式のホテルが空いていました。
こんなチャンスは逃すわけにはいきません。

我が家では旅行に行く朝は、準備したり片付けたりするのが面倒なのと時間が惜しいので、
朝食抜きで出発し、SA、PAで食べることにしています。

今回の朝食は、草津SAで、
豚汁定食、480円だったかな(不確か)、値段の割りに美味しい豚汁でした。

a0045636_2242174.jpg

今回初めて第二名神を通ってみました。
でもこの道路、新名神高速道路というのが正式の名前だったのですね。
その上、「畿央まほろばハイウェイ」なんて愛称もあるらしい、知らなかった。

休憩は「土山SA」
a0045636_225694.jpg

上下線兼用のSAなので規模が大きく、レストラン、フードコート、売店も充実しています。

ソーラーシステムを完備した公園部分は犬を連れてのお散歩が気持ちよくできます。
a0045636_2251526.jpg

どうもこのあたりにドックランもあったらしいのですが、気がつきませんでした。
ワンこ用水のみ場とうんち用のゴミ箱があるということです。

まず、最初の目的地は、二見シーパラダイス。
今回は、夏場で暑いので車にリューをおいて置けません。
リューを連れていて、昼食が出来たり、観光ができるところを目的地としました。

a0045636_2295291.jpg

二見シーパラダイス「ふれあい水族館」の入口で犬を預かってくれます。
(犬の預かりは無料、人の入場料は1,500円)
簡単な誓約書に名前と携帯番号を記入します。
もし、犬が騒いだり、預かれない状況になったら直ぐに連絡がきて迎えにいくという約束です。

エアコンの効いた受付の中なので、安心しておいていくことができます。
リューのお気に入りの折りたたみクレートに、あり布でカバーを作っておきました。
a0045636_22112139.jpg

クレートトレーニングをしておいて良かったと今回は特に思いました。
リューは、お留守番のできない分離不安傾向の強い犬なので、
今までずいぶん苦労もしてきましたが、やっとここまで来たかと、しみじみ思います。

さて、「ふれあい水族館」を見に行こう。

なんじゃ、このダジャレは…
a0045636_2254174.jpg



こんなのも…
a0045636_2254949.jpg



これは普通にいました。
たまに捨てられてるカメですね。
a0045636_2253171.jpg


展示されている魚類が微妙にせこい。

ちゃんとお利口なイルカもいます。
a0045636_22223378.jpg


ずっと喧嘩しているマナティ、もしかして仲良し?結構激しい喧嘩にしかみえませんでしたが。
a0045636_2217076.jpg


他にもゴマフアザラシや「アッカンベェ」で有名なミナミゾウアザラシなんかもいたのですが、
いずれもショータイムを待って見る余裕が無かったのと、
暑い中サラママを待たせるわけにもいかないので、面白いところははしょってしまいました。

珍しい魚類がいるわけでもなく、展示数も少ないので、「ふれあい」というのが売りの水族館なのでしょうね。
ミナミゾウアザラシ、大きいのに水槽にきっちりはまって、頭と足がはみ出た形でいたけど、
あれが快適な姿勢なのか、窮屈なのか、見た感じはやっぱり狭そうな気がしました。

ふれあい水族館はその日いちにち、出入り自由です。
一旦、外へ出て昼食をとることにしました。

「二見シーパラダイスふれあい水族館」は「二見プラザ」という観光物産店舗とくっついているので、
必然的に食事はそこの二階のレストランへ。

いくつかの飲食店舗があるのに、どこもメニューが一緒。
なんだか、よくわからないけど、観光繁忙期なので、全部同じ店舗になってしまったよう。

私は、海鮮冷麺、弟は伊勢うどん、サラママは冷麦を頼みました。
やっときた、私の頼んだ海鮮冷麺。
a0045636_2214495.jpg

メニューの写真とずいぶん違うような気が。

私が食べ終わっても、弟とサラママの頼んだものが来ません。
30分以上も待って、催促してから、また待ってやっと来ました。
注文してからの待ち時間、「今までのワーストスリーには入ったね。」と、
かつて待った時間と場所を思い出し話しながら、この時間に耐えました。

また、ふれあい水族館にもどって、ちょこと見学をしてから、
リューを引き取り次なる目的地、「真珠島」へ。
[PR]

by pareana-club | 2009-08-12 00:25 | リューとおでかけ

言葉変換『もんじろう』用アイコン 才ノ神の藤   

2009年 06月 05日

今年の春、お休みと言うと藤を追いかけていたような気がします。
その訳は、弟が淡路島に出張に行ったとき、車窓から植木屋さんにあった盆栽仕立ての藤をかいま見たことに始まりました。

車の中から通りすがりに見ただけなのですから、一瞬のことでしょうが、その盆栽の藤がとても美しく咲いていて欲しくなったらしいです。
でも出張先のこと、その上帰りは一人で公共交通を利用して帰らなくてはいけません。
車を運転してくれていた会社の人が、
「良かったら自分が車で持って帰っておきますよ。」と言ってくれたのですが、
甘えるわけにもいかず、断念したのです。

それから、藤の盆栽を探して植木屋さんを覗いたり、藤の名所に行けば藤の苗でも売っているかと思って出かけていったりしました。

5月9日、西紀SAのドックランに寄った後行ったのは、


             才ノ神の藤 
                  京都府福知山市大江町南有路



a0045636_2251467.jpg

才ノ神の藤は、自然に自生した「ヤマフジ」で樹齢は推定2000年と伝えられているそうです。

a0045636_225512.jpg

満開でした。
a0045636_2264756.jpg

自然のやま藤なので、花の房の長さはそう長くはないのですが、それでも綺麗です。
今回、藤にも色々種類があって、特にツルが左巻きの藤(ヤマフジ)と右巻きの藤(ノダフジ)系に分かれているということを知りました。
ツルが左巻きと右巻きがあるなんて知ってました?
a0045636_23121130.jpg


a0045636_227282.jpg

自然の藤が二千年も生き続けてきたというだけで、畏敬の念を覚えます。
a0045636_22223862.jpg

昔は枝を折ったら、たたりがあると言われたそう。そうやって地元の方々が大事に守ってきたから今も美しい花を見ることができるのでしょう。
[PR]

by pareana-club | 2009-06-05 23:20 | リューとおでかけ

言葉変換『もんじろう』用アイコン 有馬富士公園   

2009年 06月 02日

5月30日の土曜日、三田市の兵庫県立有馬富士公園にいってきました。
a0045636_23285294.jpg


スーパーで買い集めたお惣菜による昼食を終えてから、園内を散策。
サラママは沢山は歩けないので車椅子です。
このほうが、お互いに気を使わず好きなところ、好きな距離を歩けます。
a0045636_23264455.jpg

福島大池をめぐる森林や植物、鳥、水生生物生態園などがある整備された公園でした。
ここのうぐいすはホーホケキョ、ケキョケキョとなかなか啼き上手でした。
最近、どこに行ってもうぐいすの鳴き声を聞くので、日本のうぐいす密度は結構高いのではないかと思っているところです。
a0045636_23265253.jpg

菖蒲園は、あまり菖蒲の姿はなかったのですが、水辺をめぐる回廊は気持の良いものです。
a0045636_2327683.jpg

リューは必ず前を行くので(汗)、後姿の写真ばかりです。
前から撮ろうと私が走ってでると、リューも一緒に走って追いかけてくるのでなかなか前に行くのも大変です。
ドックランより、リードはついていても一緒に散歩できる公園のほうがリューにとっては楽しくて仕方がないよう。
a0045636_23271325.jpg


有馬富士
a0045636_23272362.jpg

急な階段状の花壇をふーふーいって上がっている私に、
先に行って「ヘヘン」と笑っているリュー。
a0045636_2331126.jpg

「なんだかへんなのがあるよ。」と言っているようですけど、
当然、意味わかっていません。
a0045636_2331830.jpg


今、私にとって三田市と言えば、es・コヤマの…。
興味のある方はこちらで
[PR]

by pareana-club | 2009-06-02 00:17 | リューとおでかけ

言葉変換『もんじろう』用アイコン 千年藤   

2009年 05月 29日

暑くなるとワンコ連れで困るのが食事。
車において、廻る寿司屋さんに入ったり、ラーメン屋さんに入ったりすることが難しくなります。

加西SA
a0045636_1521750.jpg


外のテラス席のテーブルにリードのフックがついていました。
a0045636_1523167.jpg

SAの人に犬をつないで食事をして良いか聞いてみるとOK。
これは助かります。

ちゃんとフードコートの料理も外に持ち出してよいか聞きましたよ。
私が食べたのは「ぼっかけラーメン」
牛筋を柔らかくこってり煮たものがラーメンの上に乗ってました。
午後も遅くなってからの昼食だったので、お腹が空いていてあわてて食べてしまい写真を撮り忘れました。

この日の目的地は、千年藤(兵庫県宍粟市の大歳神社)。
a0045636_1524268.jpg

行ったのは4月19日、一週間は早かったみたい。
[PR]

by pareana-club | 2009-05-29 02:10 | リューとおでかけ

言葉変換『もんじろう』用アイコン 三木市は金物の町   

2009年 05月 01日

ブログの更新をサボリにサボっています。

高速道路の通行料が土日は1,000円になってから毎週のように遊び歩いています。
しかし、この1,000円、なぜか1,000円だけですまず、
よくわからないシステムで、1,800円とられてしまったりしています。

26日の日曜日、弟がサツキ用の植木ばさみ欲しいと、三木市に行ってきました。

高速道路を下りると直ぐに、大きな金物センターがあり、さすが金物の町と感心しました。
そこを覗いてから、無闇に町を走っても金物屋さんに行き当たるか判らないので、
以前、立ち寄って知っていた道の駅「みき」に向かいました。

三木市の道の駅「みき」の2階には、「金物展示館」があって、即売もしています。
展示館というよりは、地場産業の金物メーカーの殆どが寄り集まって、展示即売をしているところという感じです。

a0045636_0334861.jpg

包丁や、園芸、建築、工芸、彫刻、版画、調理、ありとあらゆる用途の金物があってとても面白いところです。
サラママに使いやすそうな、小ぶりな菜切り包丁をとても安く買えました。


さて、高速道路を利用するとなれば、SAに設置されたドックランは必ず立ち寄らなくちゃね。
近隣のSAに設置されたドックラン巡りもついでにしています。

もう、お馴染みの三木SAのドックラン。
a0045636_0325371.jpg

日曜日はお天気が悪かったせいか、最初はリューだけの貸し切り状態。

いつもは、他の犬がいると、恐くて私の後にぴったりくっついてくるのですが、
好きなだけ臭いかぎをしたり、走ったり。

a0045636_0331395.jpg


まだ若そうなシェパードが入ってくると、
a0045636_0333183.jpg


「ワン ワン ワン」と吠えながら駆け寄っていくリュー。

「リュー、いけない!!」と声をかけると、直ぐに戻ってきたものの…。(ハア~、ため息)

普段は恐がりな癖に、一人でドックランを占有していたものだから、自分のテリトリーと、強気になったんだか。
あいも変わらず、ちんぴら犬で頭をかかえています。



ゴールデンウィークはまたもや、お遍路さんに出かけるので、またまた更新はしばらくお休みします。
[PR]

by pareana-club | 2009-05-01 00:55 | リューとおでかけ