言葉変換『もんじろう』用アイコン ECSRNの保護犬達   

2007年 01月 13日

広島 ワンズ リハウス プロジェクト     
I Love Hanako & Momo
こっち向いて*そばにいて
サクラの飼い主の今日のなにがし
--------------------------------------------------------------

とうほくニュージーランド村(岩手県奥州市)ふれあい館ワンワン牧場のことを覚えていますが?
ひろしまドックぱーくのことが知られる様になった頃に、同じようにドックパークが崩壊していたことが知られました。
わんわん牧場では、それ以前から里親捜しが行われており、200匹に及ぶ犬達が里親の元に旅だったのです。

その最後まで残っていた内の、2頭のイングリッシュ・コッカー・スパニエルがECSRN(イングリッシュ・コッカー・スパニエル・レスキューネットワーク)に保護されました。
サム君とガチャピンちゃんです。

サム君は健康の面での経過も良く、順調に里親募集も始められ、長かった赤い糸もやっとたぐり寄せられ、犬としての新たな生を歩み始めました。

ガチャピンちゃんは、当初の健康状態が悪く、ホストファミリーの元で手厚い保護の元、健康回復が図られてきました。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルのメスの場合、平均的な体重は11.5~14.5キログラム。
ガチャピンちゃんが保護された時の体重は、6.5キロ、もともと小柄な子とはいえ、E・コッカーの成犬のメスとしては驚くほど痩せていました。
a0045636_344242.jpg

でも、犬の素晴らしいところですよね。
この体で何度も繁殖をさせられ、9年間、決して犬として幸せには過ごしてはこなかったと思われる犬生。
それなのに、ひがむこともなく、落ち込むこともなく、人間を恨むこともなく。
E・コッカーらしく、明るく、元気で、遊び好き、人間大好きな犬です。
a0045636_3514685.jpg

ガチャピンちゃんも里親募集を開始しました。
ガチャピンちゃん、今までの飼育環境、良いとは言えませんでしたが、我が侭がきくことがなかったせいか、逆にとても飼いやすい子に育っているようです。
預かり日記あります。

ECSRNでは、現在ガチャピンちゃんの他に、ロイ君、ファラちゃんを保護しています。

ロイ君は、離婚のため飼育放棄されていたものをECSRNで保護しました。
a0045636_452558.jpg

ブラックのとても綺麗な子です。

性格は、ロイ君もE・コッカーらしい明るく、人にも犬にもとてもフレンドリーで甘えん坊。
玄関チャイム等の生活音には吠えない、食べ物以外の物は口に入れない。
外飼いだったためかひとりでいることに慣れている。
a0045636_4223238.jpg

って、リューがだめなこと、全部クリアできてる(涙)。
預かり日記あります。

ファラちゃんは皮膚の状態が悪いことで飼育放棄されました。
a0045636_4244895.jpg

ホストファミリーが、細心の注意で、健康回復を図ってくださっています。
(預かり日記あります。ECSRNのHPから入れます。)


イングリッシュ・コッカー・スパニエル、ゆったりのんびりした犬とは言えませんけど、犬と向き合って、楽しく暮らしたいと思われる方には、いいですよ。
いつも様子を見てくれていて、ペロペロ慰めてくれますから。
[PR]

by pareana-club | 2007-01-13 23:15

<< ぜひ 組戻し請求を! おうちへかえろうプロジェクト >>