言葉変換『もんじろう』用アイコン サークルは大活躍   

2006年 01月 08日

a0045636_010123.jpg

もう何度もリューの生息場所は登場しているので、お分かりでしょうが、リューの主な生活場所はリビングです。

リューがある程度大きくなった頃、ケージをハウスとする以外、リビングを自由にしていました。
そうするうち、母と留守番をしている間、不都合なことがたくさんありました。

たとえば母が夕食の支度を始めると、流しは壁を向いているため、テーブルとリューは背中となるわけです。

そうすると、リューは、”だるまさんが転んだ”状態で、テーブルに顔を出す。
おちおち、背中を向けることが出来ません。

テーブルに顔を出さない躾けをきちんと出来たらいいのですが、できていません。

いたずらは、まず出来ないようにする。基本ですね。
サークルで生活圏を仕切ることにしました。
常に仕切るのではなく、その時の状態によって、10枚ほどのサークルで使い分けています。

テレビがあって、その左にリューの動かない城、その前に座卓と座椅子、それを囲むようにまずサークルがあります。それで座卓はありますが、3畳ほどのスペースとなっています。

一部のジョイントを外し、繋ぎ換えると、台所部分にはこれませんが、廊下から玄関には行けるようになります。
その状態が、お留守番のときの形態となります。
a0045636_0332143.jpg


ジョイントは母の手に力がないので、扱いやすいようにフックを利用しています。
a0045636_040856.jpg


向こうに見えるのは仏壇です。これも悪戯ができないように、サークルで囲ってあります。

ついでに、見えている扇風機は片付け忘れではありませんのであしからず。
焼き鳥、焼き肉の時に、煙で火災報知器が鳴らないように、扇風機をかけて煙を吹き飛ばすためにおいてあるのです、と一応言い訳を。
[PR]

by pareana-club | 2006-01-08 23:38 | 犬とのつきあい

<< リュー言葉をしゃべる リュー食欲魔神となる >>